Proj
J-GLOBAL ID:201204080655181928  Research Project code:4737 Update date:Oct. 07, 2013

可視光応答金属ナノ粒子の規則細孔内構築と選択酸化触媒の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
燃料ガス改質用貴金属触媒が開発されているが、燃料電池用途を初めとして反応低温化が求められている。本研究では無機規則反応場を利用して、1~3 nmの微細なFe, Rh, Pt, Au粒子を均一径分散させる技術を確立する。紫外可視光照射により触媒表面に生ずる" OHラジカル種の強い酸化力を利用して選択光酸化を起こす金属粒子を最適化し、その反応過程をX線分光法他でモニターする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page