Proj
J-GLOBAL ID:201204080981336168  Research Project code:6179 Update date:Oct. 07, 2013

UAAナンセンス変異におけるリードスルー効率の評価系の構築

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
ナンセンス変異は遺伝病の原因となる代表的な変異である。ナンセンス変異を持った異常mRNAから正常なタンパク質を合成させる最も単純でかつ根本的な方法は、ナンセンス変異での翻訳終結を阻害して翻訳を継続(リードスルー)させ、かつ正常な終止コドンでの翻訳終結は阻害しない低分子化合物を同定することである。申請者はUAAナンセンス変異におけるリードスルーを引き起こす薬剤の同定を最終目的として、様々な位置に存在するUAAナンセンス変異の読み飛ばし(リードスルー)効率を正確に評価するシステムの構築を行う。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page