Proj
J-GLOBAL ID:201204082979569212  Research Project code:10195 Update date:Oct. 07, 2013

高強度・高弾性を有する新規義歯床用材料の開発と応用

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
義歯床用材料として使用されているアクリル系硬質レジンは、メタクリレート系ポリマー粒子とモノマー液を混合して流動性を持つ塊状物として成型・重合される。重合した義歯床表面は、巨視的には鏡面となっているが、微視的にはポリマー粒子の形態が明瞭に残り、破折やヒビ割れの原因となっている。本研究の目的は、アクリル系ウレタンオリゴマーとアクリル系エステルを応用して、ポリマーが均一分散する高強度・高弾性の重合体を開発し、義歯床に応用することである。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page