Proj
J-GLOBAL ID:201204083029722096  Research Project code:10876 Update date:Oct. 07, 2013

次世代情報通信システムのためのナノワイヤ/CMOS異種技術集積化の研究

Study period:2008 - 2011
Organization (2):
Investigating Researcher (2):
Research overview:
本研究交流は高機能ナノワイヤ集積回路を実現し、CMOS大規模集積回路上に集積化させ、アナログ/デジタル(A/D)・インターフェイスを実現するための基板を構築することを目的とする。具体的には、日本側の高電子移動度トランジスタ(HEMT)や共鳴トンネルダイオード(RTD)のような最先端化合物半導体デバイスを用いた回路応用技術と、ドイツ側のMBE法やMOVPE法で作製したIII-V族化合物半導体を用いた最先端電子デバイス、光デバイスに関する知見を組み合わせ、InAsナノワイヤを用いたMISFET技術をSi CMOS技術プラットフォームに融合させる。日独が本研究交流を通じて相互補完的に取り組むことで、次世代情報通信システム開発へのブレークスルーをもたらし、新規産業分野を開拓することが期待される。
Research program: 戦略的国際科学技術協力推進事業
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page