Proj
J-GLOBAL ID:201204084070003264  Research Project code:10757 Update date:Oct. 07, 2013

東シベリア北極陸域生態系の永久凍土と温室効果ガスの動態

Study period:2011 - 2014
Organization (2):
Investigating Researcher (2):
Research overview:
本研究は、FP7コンソーシアムPAGE21プロジェクトと協力し、北極陸域生態系の永久凍土と物質循環系の動態の解明を目指す。具体的には、北極圏のチョクルダ(ロシア)において、日本側はタイガ-ツンドラ境界の永久凍土の氷形成過程および有機物の蓄積状況と温室効果ガスの生成と放出に関する安定同位体比を用いた観測研究を担当し、EU側はツンドラにおける植生と温室効果ガスのフラックス観測研究を担当する。両研究チームが相互補完的に観測に取り組むとともに、EU側のコンソーシアムと日本側に新たに設立された北極環境研究コンソーシアムの交流を促進することにより、環北極陸域における統合的な研究交流につながることが期待される。
Research program: 戦略的国際科学技術協力推進事業
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page