Proj
J-GLOBAL ID:201204086209301519  Research Project code:8210 Update date:Oct. 07, 2013

生理活性リゾリン脂質に富む抗潰瘍性サプリメントの開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
消化管潰瘍患者数は国内で年間120万人に達する。近年、脚光を浴びているリゾリン脂質メディエーターファミリーの代表格リゾホスファチジン酸 (LPA)は強力な創傷治癒作用を示すので、LPAを豊富に含有する食品素材は胃粘膜保護に有効であろう。本応募課題では,この可能性を動物モデルで検証し、胃潰瘍の予防や治療に有効なLPA含有天然素材を食品や漢方薬サプリメントとして開発することを目的に研究を展開する。それと共に、この観点からLPAを産生する食原性酵素の有効利用を図る。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page