Proj
J-GLOBAL ID:201204087357448274  Research Project code:7532 Update date:Oct. 07, 2013

フェノール樹脂を活用したソフトナノマテリアルの開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
工業用ゴム材料に求められる機能は年々高くなる一方、新たな種類のゴムは出現していない。 これまでの研究から、ニトリルゴム(NBR)に対してフェノール樹脂を相溶化させることで引張強さおよび耐オゾン性等が飛躍的に向上することを明らかにした。本研究では、フェノール樹脂の相溶化技術を天然ゴム、ウレタンゴム等へ展開し、得られたゴムの組成と物性との関係を検討し、フェノール樹脂の特徴を取り入れた新規なソフトナノマテリアルを開発することを目的とする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page