Proj
J-GLOBAL ID:201204089535882741  Research Project code:10004 Update date:Oct. 07, 2013

エタノ-ルの酸化的改質反応を常温から駆動可能な触媒系の構築

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
これまでに還元したCeO2が常温で酸化され急激に発熱することを利用し、酸化的改質の常温駆動が可能となると考えた。実際,H2還元したRh/CeO2に常温でn-C4H10と空気の混合ガスを流通したところ、数秒後に触媒が赤熱し水素の生成も見られた。本研究では、この研究成果をエタノールの酸化的改質反応に応用する。バイオマスであるエタノールから常温無加熱で水素を取り出せれば、燃料電池と合わせることで、利便性に富む高効率なエネルギー供給システムを構築可能となる。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page