Proj
J-GLOBAL ID:201204092684904902  Research Project code:5553 Update date:Oct. 07, 2013

個人被爆監視用「パーソナル・ナノ粒子サンプラ」の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
ナノ素材の利用拡大に伴い、アスベストよりも危険な可能性のあるナノ粒子による健康リスクへの懸念が高まっているが、その正確なリスク評価方法がない。本課題では、個人がどれだけのナノ粒子リスクにさらされているかを直接測定することができる、「パーソナル・ナノ粒子サンプラ」を設計・試作し、特許申請・製品化・標準化を目的とする装置開発・実用試験・改良を行う。鍵となるのは、微細な繊維を利用し肺胞に沈着しやすいナノ粒子を選択抽出する「慣性フィルタ」であり、ここでは「極低圧損」と「ナノ粒子分級」「軽量化」を達成する条件を検討する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page