Proj
J-GLOBAL ID:201204093521409102  Research Project code:9820 Update date:Oct. 07, 2013

窒素を合金元素として活用した省資源型高強度チタン合金の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
一般に窒素はチタン合金を脆化させる元素として知られているが、「結晶粒微細化」、「結晶粒等軸化」、「二相間窒素分配制御」、「軟質β相微細分散」に関する蓄積技術を活用することで、延性を損なうことなく、一般的なチタン合金を上回る強度特性を有する高強度・省資源・廉価型の新しいチタン合金が製作可能である。本課題では、高価な稀少金属元素の代替として、安価な「窒素」を合金元素として活用した省資源型高強度チタン合金の開発を目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page