Proj
J-GLOBAL ID:201204095077550971  Research Project code:10398 Update date:Oct. 07, 2013

C57BL/6系統ES細胞を用いた遺伝子改変マウスの高速作成法の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
遺伝子改変マウスは、生命科学研究に無くてはならないリソースであるが、その作成には特殊な技術と時間さらに多大な費用を要する問題点があった。本研究の目的は、短時間でかつ安価に近交系遺伝子改変マウスの作成をするために、研究代表者が樹立したC57BL/6系統ES細胞株RENKAを用いて、組み換えベクターの作成の迅速化と相同組み換え頻度を上昇させる方法を開発することである。本成果は、これまで困難であったC57BL/6系統遺伝子組み換えマウスを容易かつ安価に作出する道を拓く。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page