Proj
J-GLOBAL ID:201204096970943961  Research Project code:5085 Update date:Oct. 07, 2013

インフルエンザ感染阻害ペプチドの活性向上を目指した分子設計

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
インフルエンザウイルスはヘマグルチニンを粒子表面に提示しており、ウイルスの感染において、ヘマグルチニンが宿主細胞の糖鎖を認識することで、ウイルスが細胞内に侵入することが知られている。本申請者は、ヘマグルチニンに結合してインフルエンザウイルスの細胞内への侵入を阻害するペプチドの開発を行っている。本研究では、インフルエンザ感染阻害ペプチドの感染阻害活性の向上を目指した分子設計について検討する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page