Proj
J-GLOBAL ID:201204097126311255  Research Project code:7004 Update date:Oct. 07, 2013

歯の硬組織再生を促す極薄アパタイトシートの開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
歯科の三大疾患として齲蝕、歯周病、顎関節症が挙げられ、1999年の資料では歯周病は国内患者数が3、700万人と推計されている。歯周病により歯肉が後退し発症することが多い知覚過敏症への治療は、症状に対する対症療法がほとんどで、生体への侵襲がない原因療法の確立には至っていない。代表研究者らはレーザーアブレーション法によりハイドロキシアパタイト薄膜を作製することが可能で、HApシートを知覚過敏症の患歯に直接貼付し、再石灰化を促すという根本的治療の開発を目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page