Proj
J-GLOBAL ID:201204098876973337  Research Project code:6995 Update date:Oct. 07, 2013

完全前方開放型歩行器の開発と円背防止効果の検証

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
従来の歩行器は、歩行器を押し出すことにより前進するため、1)歩行時の姿勢が前傾となり、背筋を伸ばした正しい歩行姿勢が崩れ、円背(えんぱい)となる、2)着座の際、前方に位置する歩行器を旋回させる面積が必要なため、わが国の狭い家屋では使いにくい(例えば障害者用トイレを除く一般的トイレのブースでは、歩行器は使いづらい)。そこで、特許申請中の前方移乗可能な歩行器の、1安全性と課題を改良し、2わが国の家屋や生活場面における使いやすい形態サイズ等の検証を行い、3高齢者への試用試験により、円背予防(正しい姿勢の維持)に及ぼす効果の検証実験を行うことを目的とする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page