Proj
J-GLOBAL ID:201204099195462098  Research Project code:10925 Update date:Oct. 07, 2013

進化的に早期分岐したトリパノソーマ類などの真核生物エネルギー代謝における酢酸産生系酵素の役割

Study period:2011 - 2013
Organization (2):
Investigating Researcher (2):
Research overview:
本研究交流は、寄生虫のエネルギー代謝の基礎研究によってそのユニークな性質を明らかにし、モデル系としてのトリパノソーマの研究からさまざまな寄生虫感染症の病原体となる原虫の増殖を抑え、殺虫することを目指す。具体的には、日本側は原虫に特有な代謝系酵素群の特徴を調べ、その立体構造情報から、酵素活性に対する阻害剤のコンピューターによるドラッグデザインを行い、フランス側はこれら酵素群の生理的意義について、遺伝子破壊を用いた解析を行う。両国の研究チームが相互補完的に取り組むことで、最終的にはクーリングタワー(熱交換器)の温水中や、温度の比較的高い沼や池で増殖する自由生活性のアメーバによる環境汚染の制圧などにもつながることが期待される。
Research program: 戦略的国際科学技術協力推進事業
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page