Rchr
J-GLOBAL ID:201301004998075447   Update date: Mar. 06, 2021

MUROZAKI Tomoya

ムロザキ トモヤ | MUROZAKI Tomoya
Affiliation and department:
Job title: 代表
Research field  (1): History - Europe/America
Research keywords  (10): 歴史教育 ,  史学史 ,  ヒストリーコミュニケーション ,  コミュニケーション ,  メディア ,  説教 ,  歴史学 ,  宗教史 ,  教会史 ,  西洋史
Papers (3):
  • The structure of the reported sermons in Paris in the 13th centuries: the study of the two Palm Sunday sermons by Ranulphe de la Houblonniere (1255?-1288). Studies in medieval thought. 2009. 51. 43-57
  • 川原田 知也. 勅書と説教のメッセージ--教皇インノケンティウス3世の十字軍勅書とジャック・ド・ヴィトリの十字軍説教. 中央大学大学院研究年報. 2002. 31. 127-139
  • 川原田 知也. 十字軍とエクセンプラ~ジャック・ド・ヴィトリとハイステルバッハのカエサリウスを例に~. 論究 中央大学大学院文学研究科篇. 2001. 33. 121-136
MISC (1):
  • 【翻訳】ジャック・ベルリオーズ「中世における東洋の教訓物語--データベース「中世教訓逸話集シソーラス」による索引化のための批判的・比較論的アプローチ要素」. 江川溫/マルク・スミス/田邉めぐみ/ハンノ・ウェイスマン 共編『東西中世のさまざまな地平-フランスと日本の交差するまなざし』(知泉書館). 2020. 313-332
Lectures and oral presentations  (7):
  • Les récits exemplaires en Orient à l’époque médiévale. Eléments d’approche critique pour leur indexation dans la base ThEMA (Thesaurus des exempla du Moyen Âge)
    (CULTURAL EXCHANGE IN THE MIDDLE AGES: FROM DIALOGUE TO THE CONSTRUCTION OF CULTURES 2017)
  • 13世紀パリにおける聖職者筆録説教にみる説教の構造-ラヌルフ・ド=ラ=ウブロニエールを例に-
    (白山史学会 研究発表会・第38回 総会 2009)
  • 13世紀における説教の構造と意図-枝の主日説教を例に-
    (中世哲学会 第57回総会・大会 2008)
  • 聖霊と説教師-ジャック・ド・ヴィトリから見た13世紀前半における聖霊降臨祭説教のメッセージ
    (日本西洋史学会大会 古代・中世史部会 2006)
  • 説教師と「聖女」の関わり-ジャック・ド・ヴィトリとワニーのマリから見る13世紀における説教権-
    (白山史学会 大会・研究発表会 2005)
more...
Education (4):
  • 2000 - 2009 Chuo University
  • 2003 - 2004 Université Lumière Lyon 2
  • 1998 - 2000 Chuo University
  • 1994 - 1998 Toyo University Department of History
Professional career (1):
  • 史学(修士) (中央大学大学院)
Work history (3):
  • 2014/07 - 現在 Translatio sapientiae
  • 2013/01 - 2014/06 株式会社建築資料研究社日建学院 東京本店 ライセンスアドバイザー
  • 2002/04 - 2003/07 Chuo University Faculty of Letters
Association Membership(s) (4):
三田史学会 ,  HAKUSAN SHIGAKUKAI ,  THE JAPANESE SOCIETY OF MEDIEVAL PHILOSOPHY ,  日本西洋史学会 (JAPANESE NAME ONLY)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page