Rchr
J-GLOBAL ID:201301007404039704   Update date: Jun. 03, 2021

Ono Yuichi

オノ ユウイチ | Ono Yuichi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
  • Tohoku University  Visiting Professor, Disaster Prevention and Research Institute at Kyoto University
Homepage URL  (2): https://irides.tohoku.ac.jp/organization/practical/2030.htmlhttps://irides.tohoku.ac.jp/eng/organization/practical/
Research field  (2): Disaster prevention engineering ,  Geography
Research keywords  (6): 早期警報システム ,  竜巻災害 ,  国際防災政策 ,  台風 ,  防災 ,  災害、防災、台風
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2016 - 2021 東日本大震災からの経済復興・産業再生における政策ツールの有効性評価
  • 2016 - 2019 Exploratory analysis for building a new hypothesis on international norm diffusion: A case from "development of disaster statistics"
Papers (14):
  • Yuichi Ono, Marlene Murray, Makoto Sakamoto, Hiroshi Sato, Pornthum Thumwimol, Vipakorn Thumwimol, Ratchaneekorn Thongthip. The Role of Museums in Telling Live Lessons. Journal of Disaster Research. 2021. 16. 2. 135-140
  • Hiroshi Sato, Yuichi Ono. Disaster Storytelling and Volcanic Eruptions Caused by Debris Avalanches on Mt. Bandai in Aizu and Mt. Unzendake and Mt. Mayuyama in Shimabara. Journal of Disaster Research. 2021. 16. 2. 141-145
  • Daisuke Sasaki, Yuichi Ono. Recent Progress Achieved by the Global Centre for Disaster Statistics (GCDS). Journal of Disaster Research. 2020. 15. 7. 913-918
  • Masashi Sakamoto, Daisuke Sasaki, Yuichi Ono, Yuko Makino, Eiichi N. Kodama. Implementation of evacuation measures during natural disasters under conditions of the novel coronavirus (COVID-19) pandemic based on a review of previous responses to complex disasters in Japan. Progress in Disaster Science. 2020. 8. 100127-100127
  • Daisuke Sasaki, Makoto Okumura, Yuichi Ono. Measurement of Disaster Damage Utilizing Disaster Statistics: A Case Study Analyzing the Data of Indonesia. Journal of Disaster Research. 2020. 15. 7. 970-974
more...
Books (12):
  • 第1回世界防災フォーラムから 『BOSAI』の知見を世界に発信 (特集 震災7年、心・人間・経済の復興加速)
    公明党機関紙委員会 2018
  • 手記 「防災先進国・日本」をめざして。 (震災六年 : 復興の針路。)
    潮出版社、潮 (674) 2017
  • 対談 東日本大震災から5年 「創造的復興」で東北を地方創生のモデルに : 日本の技術や経験で世界の防災・減災に貢献を (特集 3・11 : 集中期間後こその「心の復興」)
    公明党機関紙委員会 2016
  • 仙台防災枠組における目標設定までの道のり, 用語・指標設定の現状, および災害統計グローバルセンターについて
    公益財団法人日本学術協力財団 2016
  • 第三回国連防災世界会議で得られたもの 強い決意で大幅な災害リスクの削減を目標に
    公明党機関紙委員会、公明 (115) 2015
more...
Lectures and oral presentations  (2):
  • Recent Progress of the Global Centre for Disaster Statistics (GCDS)
    (2019)
  • Measurement of disaster damage utilizing disaster statistics: A case study analyzing the data of Indonesia
    (2019)
Education (2):
  • 1989 - 2001 ケントステイト大学大学院
  • 1985 - 1989 Utsunomiya University
Professional career (1):
  • 博士 (米国ケントステイト大学)
Work history (8):
  • 2012/11 - 現在 東北大学災害科学国際研究所 2030国際防災アジェンダ推進オフィス 教授
  • 2014/03 - 2016/03 京都大学防災研究所 水資源環境センター 客員教授
  • 2009/10 - 2012/10 国連アジア太平洋経済社会委員会 本部 防災課課長
  • 2007/06 - 2009/09 国連国際防災戦略事務局 本部 プログラム・オフィサー
  • 2004/06 - 2007/06 国連国際防災戦略事務局 早期警戒事務所 所長補
Show all
Committee career (6):
  • 2018/04 - 現在 国立研究開発法人 科学技術振興機構(SATREPS) 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム防災分野評価会
  • 2013/06 - 現在 日本学術会議 土木工学・建築学委員会IRDR分科会
  • 2018/05 - 2020世界災害語り継ぎフォーラム 2020世界災害語り継ぎフォーラム実行委員会
  • 2018/04 - 日本学術会議 科学技術を生かした防災・減災に政策の国際的展開に関する検討委員会
  • 2014/04 - 日本学術会議 国際委員会防災・減災に関する国際研究のための東京会議分科会
Show all
Association Membership(s) (4):
地域安全学会 ,  日本風工学会 ,  アメリカ地理学会 ,  日本地理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page