Rchr
J-GLOBAL ID:201301009162093884   Update date: Jul. 09, 2021

YAMAKIDO Yuichiro

YAMAKIDO Yuichiro
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): Civil law
Research keywords  (3): 民事執行法 ,  民事訴訟法 ,  倒産処理法
Papers (9):
  • 山木戸勇一郎. 抵当権に基づく物上代位権の行使の時的限界--判例理論の理解の執行法の視点からの再構成. 中島弘雅=内田義厚=松嶋隆弘編『改正民事執行法の論点と今後の課題』(勁草書房). 2020. 232-255
  • 山木戸勇一郎. 第三者からの債務者財産情報の取得について--情報保護義務と情報提供義務の狭間にある情報保有者の観点から. 中島弘雅=内田義厚=松嶋隆弘編『改正民事執行法の論点と今後の課題』(勁草書房). 2020. 156-166
  • 山木戸勇一郎. 引換給付判決の執行開始要件としての反対給付の提供の意義について. 加藤新太郎=中島弘雅=三木浩一=芳賀雅顯編『現代民事手続法の課題(春日偉知郎先生古稀祝賀)』(信山社). 2019. 433-447
  • 山木戸 勇一郎. 第三者の執行担当の許容性について. 民事訴訟雑誌. 2019. 65. 179-188
  • 山木戸 勇一郎. Zur Vollstreckungsstandschaft(2). 北大法学論集. 2015. 66. 2. 237-273
more...
MISC (20):
  • 山木戸勇一郎. 〔判例評釈〕民訴費法2条各号に掲げられた執行費用を不法行為に基づく損害賠償請求における損害として主張することの許否(最判令和2年4月7日民集74巻3号646頁). 令和2年度重要判例解説(ジュリスト臨時増刊1557号). 2021. 102-103
  • 山木戸勇一郎. 財団債権・共益債権の代位弁済者による原債権の倒産手続外行使の可否(最判平成23年1月22日民集65巻8号3165頁・最判平成23年1月24日民集65巻8号3213頁). 松下淳一=菱田雄郷編『倒産判例百選〔第6版〕』(有斐閣). 2021. 98-99
  • 山木戸勇一郎. 〔判例評釈〕被相続人名義の口座に記録されている振替株式等の共同相続人の準共有持分に対する差押・譲渡命令の適法性(最決平成31年1月23日民集73巻1号65頁). 金融法務事情〔金融判例研究30号〕. 2020. 2145. 36-39
  • 山木戸勇一郎. 〔判例評釈〕子の引渡しを命じる審判を債務名義とする間接強制の申立てが権利の濫用に当たるとされた事例(最決平成31年4月26日裁時1723号3頁). 私法判例リマークス. 2020. 61. 134-137
  • 山木戸勇一郎. 形式的競売における無剰余措置の要否および売却条件(最決平成24年2月7日判時2163号3頁). 上原敏夫=長谷部由起子=山本和彦編『民事執行・保全判例百選〔第3版〕』(有斐閣). 2020. 166-167
more...
Books (6):
  • 逐条解説会社法(6)計算等・定款の変更・事業の譲渡等・解散・清算 : 第431条〜第574条
    中央経済社 2020 ISBN:9784502071102
  • 条解民事執行法
    弘文堂 2019 ISBN:9784335357749
  • 逐条解説会社法(9)外国会社・雑則・罰則 : 第817条〜第979条
    中央経済社 2016 ISBN:9784502071409
  • 民事訴訟法判例百選〔第5版〕
    有斐閣 2015 ISBN:9784641115279
  • 民事訴訟法判例インデックス
    商事法務 2015 ISBN:9784785722449
more...
Lectures and oral presentations  (2):
  • (邦語題)日本の民事執行法における債務者の財産情報の取得手続の改正について
    (韓国民事執行法学会 2019)
  • 第三者の執行担当の許容性について
    (第88回日本民事訴訟法学会大会 2018)
Education (1):
  • 2006 - 2008 Keio University
Professional career (3):
  • 法務博士(専門職) (慶應義塾大学)
  • 修士(法学) (慶應義塾大学)
  • 学士(法学) (慶應義塾大学)
Work history (4):
  • 2020/04 - 現在 Hokkaido University Graduate School of Law Professor
  • 2013/04 - 2020/03 Hokkaido University Graduate School of Law Associate Professor
  • 2010/04 - 2013/03 Keio University Law School Reserch Associate
  • 2008/11 - 2009/12 最高裁判所司法研修所 司法修習生
Committee career (3):
  • 2019/05 - 現在 日本民事訴訟法学会 理事
  • 2016/04 - 現在 北海道金融法務実務研究会 幹事
  • 2016/05 - 2019/05 日本民事訴訟法学会 理事
Association Membership(s) (2):
JAPAN ASSOCIATION OF PRIVATE LAW ,  JAPAN ASSOCIATION OF THE LAW OF CIVIL PROCEDURE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page