Rchr
J-GLOBAL ID:201301011590447040   Update date: Sep. 23, 2022

Fujita Nobuko

フジタ ノブコ | Fujita Nobuko
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Rehabilitation science
Research keywords  (5): 脳機能 ,  姿勢調節 ,  高齢者 ,  運動療法 ,  慢性疼痛
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2016 - 2019 線維筋痛症患者に対する運動療法の効果の検証:脳内ネットワークの変化を指標として
Papers (19):
  • 高井範子, 藤田信子, 池田耕二, 金子基史, 丸山伸廣, 中原理, 三木健司, 高橋紀代, 仙波恵美子. 3週間入院運動プログラムによる線維筋痛症患者の心身の変化-心理面談により明らかになった理学療法士の対応の重要性ー. 理学療法科学. 2022. 37. 1. 45-58
  • Modulation of autonomic functions and brain mechanisms by physical exercise in patients with fibromyalgia. 2021. 139-148
  • 高井範子, 池田耕二, 藤田信子, 三木健司, 高橋紀代, 仙波恵美子. 線維筋痛症の語りから見いだされた疼痛の背景・疼痛抑制要因および今後の治療に望まれること. 奈良学園大学紀要第14集. 2021. 91-102
  • Nobuko Fujita, Eisuke Hayashi, Hiroki Hayashi, Shintaro Kimura, Arashi Otsuki, Aatoshi Matsuno. Impact of pain inhibition on prefrontal activation and subjects' difficulties caused by working memory load. Journal of Information and Behavioral Science for Health and Welfare. 2021. 8. 47-53
  • Fujita Nobuko. Influence of aging on the inhibitory function in elderly women during incongruent Stroop trials: A NIRS study. 2020. 55-60
more...
MISC (9):
Books (1):
  • 七転び八起きを目指した健康づくり-アクティブ・エイジング読本
    プレアデス出版 2011 ISBN:4903814432
Lectures and oral presentations  (23):
  • 慢性疼痛のイメージとニューロフィードバック
    (第42回 日本疼痛学会シンポジウム 2020)
  • 運動療法が痛みに効く基礎医学的機序と線維筋痛症患者に対する集中的入院運動療法の効果
    (第11回 日本線維筋痛症学会学術集会 シンポジウム「慢性の痛み政策研究事業からみた集学的診療・運動療法の実態」 2019)
  • n-back課題の疼痛抑制効果の検証と前頭前野の脳活動との関連性
    (保健医療学学会 第9回学術集会 2018)
  • 線維筋痛症高齢女性2症例に対する3週間入院運動の試み:患者の心身の変化と理学療法士の関わり方に関する検討
    (第23回 日本ペインリハビリテーション学会学術大会 2018)
  • 線維筋痛症高齢女性2症例に対する3週間入院運動プログラムの試み:前頭前野の血流動態の変化と疼痛,抑うつ,QOLの改善について
    (第23回 日本ペインリハビリテーション学会学術大会 2018)
more...
Education (4):
  • Kobe University Division of Human Behavior
  • Kobe University
  • 仏教大学 英文学科 卒業
  • Kobe University
Professional career (1):
  • 博士 (神戸大学)
Work history (7):
  • 2019 - 現在 奈良学園大学保健医療学部 リハビリテーション学科
  • 大阪行岡医療大学 医療学部理学療法学科
  • 行岡リハビリテーション専門学校
  • 海星病院 訪問看護ステーション
  • あさぎり病院 リハビリテーション科
Show all
Committee career (1):
  • 2015 - 2019 バイオメカニズム学会 編集委員
Association Membership(s) (7):
日本ペインリハビリテーション学会 ,  SOCIETY OF BIOMECHANISMS JAPAN ,  JAPANESE SOCIETY OF OCCUPATIONAL MEDICINE AND TRAUMATOLOGY ,  International Society for Posture and Gait Research ,  THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE ,  JAPANESE SOCIETY OF EDUCATION AND HEALTH SCIENCE ,  JAPANESE PHYSICAL THERAPY ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page