Rchr
J-GLOBAL ID:201301012624982745   Update date: Aug. 31, 2020

Uno Yota

ウノ ヨウタ | Uno Yota
MISC (25):
Books (8):
  • ハンディシリーズ 発達障害支援・特別支援教育ナビ「発達障害の「本当の理解」とは」 第2章 障害のスペクトラム(連続体)という理解のあり方
    金子書房 2014
  • 精神保健福祉白書2015年版 児童・思春期の精神障害
    中央法規 2014
  • 療育技法マニュアル第19集・発達障害-受容と告知.
    小児療育相談センター 2012
  • 精神科臨床リュミエール23巻 成人期の広汎性発達障害・成人期の広汎性発達障害の診断
    中山書店 2011
  • 臨床家が知っておきたい子どもの精神科(改訂第2版)・代表的症状のみかた
    医学書院 2010
more...
Lectures and oral presentations  (18):
  • 自閉症スペクトラムの子どもへの診断名告知に関する実態調査-診断名告知後の反応や変化に影響を与える要因の検討-
    (第55回日本児童青年精神医学会総会 2014)
  • The Diagnostic Interview for Social and Communication Disorders (DISCO)とは」自閉症スペクトラムの半構造化面接the Diagnostic Interview for Social and Communication Disorders (DISCO) の信頼性・妥当性
    (第55回日本児童青年精神医学会総会 2014)
  • 産後の抑うつ状態とソーシャルサポート
    (第11回日本うつ病学会総会 2014)
  • 周産期における母親の抑うつとソーシャルサポート
    (第54回日本児童青年精神医学会総会 2013)
  • 自閉症スペクトラムの子どもへの 診断名告知に関する研究 -診断名を認識した後の変化に関する評価ツールの開発-
    (第54回日本児童青年精神医学会総会 2013)
more...
Education (2):
  • - 2003 Miyazaki Medical College
  • - 2003 Miyazaki Medical College
Professional career (1):
  • 医学博士 (名古屋大学)
Work history (1):
  • Nagoya University Hospital, Department of Child and Adolescent Psychiatry, Psychiatry for Parents and Children,Nagoya University Hospital,Nagoya University Assistant Professor
Committee career (3):
  • 2008/04 - 2014/03 横浜市発達障害者支援開発事業企画・推進委員会 委員
  • 2010/04 - 2012/03 横浜市発達障害検討委員会 委員
  • 2008/04 - 2010/03 (独)雇用・能力開発機構 テクノロジー(支援技術)を活用した発達障害者の就労促進・就労継続に向けた支援等に関する研究会 委員
Association Membership(s) (6):
日本司法・共生社会学会 ,  日本矯正医学会 ,  日本小児精神神経学会 ,  日本小児科学会 ,  日本児童青年精神医学会 ,  日本精神神経学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page