Rchr
J-GLOBAL ID:201301018606486917   Update date: Sep. 02, 2021

Hyunjung Park

パク ヒョンジョン | Hyunjung Park
Affiliation and department:
Research field  (3): Local studies ,  Education - general ,  Education - general
Research keywords  (8): 比較教育学 ,  高等教育 ,  Institutional Research ,  情報法 ,  専門職養成 ,  性別不合 ,  法曹論 ,  韓国
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2021 - 2022 成城学園のデータ利活用を支える規程のあり方について-全国の国公私立大学の関連規程分析から本学園の特徴と改善点を考察する-
Papers (8):
  • 朴 炫貞. 弁護士のジェンダーとキャリアに関する研究の視点の検討. 自由と正義. 2015. 66. 79-87
  • 朴 炫貞. 新旧対比でみる韓国法曹養成制度-隣国の法曹養成動向から読み取るべきもの. 自由と正義. 2014. 65. 90-100
  • 黄仁成, 炫貞. 韓国における大学情報公開制度の現況. IDE現代の高等教育. 2012. 542. 58-61
  • 朴 炫貞. 韓国における専門大学院制度と法曹養成に関する実証的研究. 東京大学大学院. 2012
  • 朴 炫貞. 韓国高等教育政策の分析-『政策の窓』モデルの適用可能性. 東京大学大学院教育学研究科紀要. 2012. 51. 93-101
more...
MISC (7):
  • 授業と学修行動をデジタルインフラ上に乗せる-デジタルインフラに係るコンプライアンス-. 成城大学IRニューズレター. 2021. 3. 1
  • 授業と学修行動をデジタルインフラ上に乗せる-学生の学修行動-. 成城大学IRニューズレター. 2021. 3. 1
  • 朴 炫貞. 「卒業して良かった」と回答したのは誰か. 成城大学IRニューズレター. 2020. 2. 2
  • 朴 炫貞. 大学教育の成果とそれを支える条件-2年間の「成長感」を中心に-. 成城大学IRニューズレター. 2020. 2. 2
  • 朴 炫貞. キャリア意識と初年次教育. 成城大学IRニューズレター. 2019. 2. 1
more...
Books (3):
  • The Birth of Law Schools in the Republic of Korea: The Higher Education System and The Political System seen from The System for Training Legal Profession
    2014
  • 格差センシティブな人間発達科学の創成3巻-学力格差に挑む
    金子書房 2013
  • 教育機会均等への挑戦-授業料と奨学金の8カ国比較
    東信堂 2012
Lectures and oral presentations  (23):
  • アセクシャルであるFtMの「研究者」としてのキャリア形成に関する一事例-「性同一性障害」診断の前後を中心に-
    (GID(性同一性障害)学会 2021)
  • 初年次教育段階の様子とキャリア意識形成-東京都内所在私立大学の事例から考察する-
    (第27回大学教育研究フォーラム 2021)
  • 情報法制と大学の情報ガバナンス-韓国における「中央情報部法」(現:「国家情報院法」)及び各大学における「保安業務規程」等を中心に-
    (日本高等教育学会2020年度若手研究者交流集会 2021)
  • 大学の個人情報保護関連規程の事例比較​ -日本と韓国の国立・私立大学の当該規程に表れた利活用に係る規程の態様と国家機関との関係を中心に-
    (情報ネットワーク法学会2020年度研究大会 2020)
  • 情報法における国家情報院の位置づけ-大学と研究に適用される条項を中心に-
    (現代韓国朝鮮学会 2020)
more...
Education (2):
  • 2009 - 2012 The University of Tokyo
  • 2005 - 2008 Korea University
Professional career (1):
  • 博士(教育学) (東京大学)
Association Membership(s) (8):
The World Professional Association for Transgender Health (WPATH) ,  異文化間教育学会 ,  GID(性同一性障害)学会 ,  The Information Network Law Association ,  現代韓国朝鮮学会 ,  JAPAN COMPARATIVE EDUCATION SOCIETY ,  日本教育社会学会 ,  日本高等教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page