Rchr
J-GLOBAL ID:201301019650977380   Update date: Feb. 19, 2024

Onodera Misaki

オノデラ ミサキ | Onodera Misaki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.m.chiba-u.jp/class/mededu/
Research field  (4): Healthcare management, medical sociology ,  Education - general ,  Gender studies ,  Learning support systems
Research keywords  (2): 医学教育学 ,  社会教育学
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2023 A predictive model of unprofessional behavior in medical students using machine learning
  • 2021 - 2022 ポストコロナ時代の演習・実習科目における対面授業とメディア授業のベストミックスの検討 -効果的な内容・方法と学修の促進・阻害要因についての検討-
  • 2014 - 2016 早稲田大学の女性卒業生の就業継続に関する調査研究
  • 2013 - 2014 都立高等学校における男女共学制の導入過程
Papers (15):
  • Ikuo Shimizu, Hajime Kasai, Kiyoshi Shikino, Nobuyuki Araki, Zaiya Takahashi, Misaki Onodera, Yasuhiko Kimura, Tomoko Tsukamoto, Kazuyo Yamauchi, Mayumi Asahina, et al. Developing Medical Education Curriculum Reform Strategies to Address the Impact of Generative AI: Qualitative Study. JMIR medical education. 2023. 9. e53466
  • Keita Idemoto, Tomihisa Niitsu, Akihiro Shiina, Osamu Kobori, Misaki Onodera, Kiyomitsu Ota, Atsuhiro Miyazawa, Masumi Tachibana, Makoto Kimura, Ryota Seki, et al. Association between precautionary behaviors against coronavirus disease and psychosocial factors in outpatients with a pre-existing disease and their attendants. Psychiatry and Clinical Neurosciences Reports. 2023. 2. 3
  • 井手本 啓太, 新津 富央, 椎名 明大, 小堀 修, 小野寺 みさき, 太田 貴代光, 宮澤 惇宏, 橘 真澄, 木村 允, 関 亮太, et al. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する感染防御行動と心理社会的状態の関連. 精神神経学雑誌. 2023. 2023特別号. S585-S585
  • Examining Coeducational systems at Prefectual High Schools in Chiba: Focusing on the Reorganization of Highschools during the Educational Reform Period. Annual Reviews of Women's History. 2022. 39. 5-25
  • Hajime Kasai, Kiyoshi Shikino, Go Saito, Tomoko Tsukamoto, Yukiko Takahashi, Ayaka Kuriyama, Kazuhisa Tanaka, Misaki Onodera, Hidetaka Yokoh, Koichiro Tatusmi, et al. Alternative approaches for clinical clerkship during the COVID-19 pandemic: online simulated clinical practice for inpatients and outpatients-A mixed method. BMC medical education. 2021. 21. 1. 149-149
more...
MISC (12):
  • 中村 青葉, 笠井 大, 朝比奈 真由美, 鎌田 雄, 小野寺 みさき, 鋪野 紀好, 田島 寛之, 木村 康彦, 清水 郁夫, 山内 かづ代, et al. 医学生のアンプロ行動を誘発する上級生,指導者の態度・行動は? 隠れたカリキュラムに関する質的研究. 医学教育. 2023. 54. Suppl. 206-206
  • 堀田 晶子, 木村 康彦, 松本 暢平, 小野寺 みさき, 笠井 大, 朝比奈 真由美, 伊藤 彰一, 泉谷 昌志, 江頭 正人. 医学生の生活状況・学業と大学生活への満足度・悩みとの関連 二施設共同研究. 医学教育. 2023. 54. Suppl. 218-218
  • 松本 暢平, 小野寺 みさき, 朝比奈 真由美, 酒井 郁子, 伊藤 彰一. 医学生の在学中のとりくみと知識・スキルの習得感・習得度との因果に関する構造方程式モデリングによる検討. 医学教育. 2023. 54. Suppl. 279-279
  • 小野寺 みさき, 横尾 英孝, 木村 康彦, 朝比奈 真由美, 伊藤 彰一. コロナ禍における医学部学生の学修の検討 千葉大学医学部臨床医学系ユニット講義を事例として. 医学教育. 2022. 53. Suppl. 208-208
  • 堀田 晶子, 木村 康彦, 松本 暢平, 小野寺 みさき, 横尾 英孝, 朝比奈 真由美, 泉谷 昌志, 伊藤 彰一, 江頭 正人. 医学生の心理社会的状態および生活面での問題はCBTおよび臨床実習前OSCEの結果と有意に相関している. 医学教育. 2022. 53. Suppl. 217-217
more...
Books (5):
  • 早稲田大学の女性卒業生の就業継続に関する調査研究(2015年度第二次成果報告書)早稲田大学教育総合研究所公募研究成果報告書
    早稲田大学 教育・総合科学学術院 矢口徹也研究室 2016
  • 早稲田大学の女性卒業生の就業継続に関する調査研究(2014年度第一次成果報告書)早稲田大学教育総合研究所公募研究成果報告書
    早稲田大学 教育・総合科学学術院 矢口徹也研究室 2015
  • もやい生活相談データ分析報告書
    特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい 2014
  • 日本社会教育学会60周年記念資料集
    東洋館出版社 2013 ISBN:9784491029696
  • 『平成23年度社会的包摂ワンストップ相談支援事業「よりそいホットライン」報告書』
    一般社団法人社会的包摂サポートセンター 2012
Lectures and oral presentations  (21):
  • 医学生の在学中のとりくみと知識・スキルの習得感・習得度との因果に関する構造方程式モデリングによる検討
    (日本医学教育学会 第 55 回研究大会 2023)
  • 医学生の生活状況・学業と大学生活への満足度・悩みとの関連 二施設共同研究
    (日本医学教育学会 第 55 回研究大会 2023)
  • 医学生のアンプロ行動を誘発する上級生,指導者の態度・行動は? 隠れたカリキュラムに関する質的研究
    (日本医学教育学会 第 55 回研究大会 2023)
  • How do we involve and socialize after COVID-19?: A mixed-method case study and its implication on learning support for East Asian (Japanese) medical students
    (The Annual Conference for Medical Education in Europe (AMEE 2022) 2022)
  • 医学生にとっての他者とのかかわり 質的・量的分析(特にテキストマイニング)を併用した再解釈(Re-interpretation of involvement with others by qualitative(especially text mining) and quantitative analysis)
    (日本医学教育学会 第 54 回研究大会 2022)
more...
Education (4):
  • 2020 - 2024 Chiba University Graduate School of Medical and Pharmaceutical Sciences
  • 2012 - 2016 Waseda University Graduate School of Education
  • 2010 - 2012 Waseda University Graduate School of Education
  • 2006 - 2010 Waseda University School of Letters, Arts and Sciences II
Professional career (1):
  • M.A. in Education (Waseda University)
Work history (5):
  • 2017/04 - 現在 Chiba University Graduate School of Medicine
  • 2016/04 - 2018/09 Waseda University
  • 2016/04 - 2017/03 Chiba University Hospital
  • 2015/04 - 2016/03 Tokyo University of Marine Science and Technology
  • 2013/04 - 2015/03 Waseda University Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences
Committee career (6):
  • 2021/04 - 現在 千葉大学亥鼻地区事業場代議員会 代議員
  • 2019/04 - 現在 千葉大学運営基盤機構 情報環境部門 ソフトウェアライセンス専門部会 委員
  • 2018 - 現在 千葉大学情報危機対策チームC-CSirt 部局メンバー
  • 2012/07 - 2013/06 早稲田大学生活協同組合常務理事
  • 2012 - 2013 日本社会教育学会60周年記念資料編纂委員会 幹事
Show all
Association Membership(s) (3):
総合女性史学会 ,  日本医学教育学会 ,  日本社会教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page