Rchr
J-GLOBAL ID:201301024085045609   Update date: Dec. 06, 2020

Kumagai Yuya

Kumagai Yuya
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (1): Marine/Aquatic life sciences
Research keywords  (3): タンパク質工学 ,  酵素利用 ,  紅藻類
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2021 紫外線防御物質に着目したナマコ種苗の育成および飼料改善
  • 2019 - 2021 HU-NUS summer course “Seafood supply chains in Singapore and Japan”
  • 2019 - 2020 ホタテガイペプチドを用いたサケ科魚類養殖魚の質的向上に関する研究
  • 2019 - 2020 北方系海藻の通年収穫を目的とした陸上栽培技術の開発
  • 2019 - 2020 認知症予防の「二つの作用点」に「一つの食材」でアプローチする
Show all
Papers (44):
MISC (12):
Lectures and oral presentations  (26):
  • 人類を紫外線から守る海藻?! 函館産紅藻に秘めたるMAAsのポテンシャル
    (HAKODATEアカデミックリンク2020 2020)
  • 絶対正義オリゴ糖~もっと海藻は輝ける~
    (HAKODATEアカデミックリンク2020 2020)
  • 天然&陸上栽培された紅藻成分の相違とは?
    (HAKODATEアカデミックリンク2020 2020)
  • 放線菌 Streptomyces thermogriseus エンド型キシラナーゼを用いた紅藻ダルス β(1-3/1-4)キシロオリゴ糖調製法の開発
    (2020年度 日本農芸化学会北海道支部/日本栄養・食糧学会北海道支部 合同学術講演会 2020)
  • 岩のり製品由来タンパク質から調製したペプチドの ACE 阻害作用
    (令和 2 年度日本水産学会 北海道支部大会 2020)
more...
Education (2):
  • 2005 - 2010 Hokkaido University Division of Marine Life Science
  • 2001 - 2005 Hokkaido University Department of Marine Bioresources Chemistry
Professional career (1):
  • 博士(水産科学) (北海道大学)
Work history (1):
  • 2018 - 現在 Hokkaido University Faculty of Fisheries Science Assistant Professor
Committee career (1):
  • 2020/07 - 現在 Marine Drugs (ISSN 1660-3397) Guest Editor of the Special Issue "Bioactive Peptides from Marine By-Products and Underused Marine Organisms"
Awards (5):
  • 2020/11 - Food Society of Modern International Lifestyle Education Good Oral Award Efficient Extraction and Monthly Variation of Mycosporine-like Amino Acids from Red Alga Dulse in Japan
  • 2019/11 - キャンパス・コンソーシアム函館「アカデミックリンク2019」大賞 海藻の秘密兵器!?「マイコスポリン様アミノ酸」
  • 2018/11 - キャンパス・コンソーシアム函館 ブース部門『優秀賞』「絶対に捨てられない海藻がここにある」
  • 2013/09 - 日本応用糖質科学 日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回)ポスター賞 Gluconobacter oxydans由来dextran dextrinaseによる直鎖イソマルトメガロ糖の酵素合成
  • 2012/02 - 日本応用糖質科学北海道支部 平成23年度日本応用糖質学会北海道支部・支部奨励賞 水産軟体動物由来ラミナリナーゼの酵素特性と環境適応に関する研究
Association Membership(s) (2):
日本生物工学会 ,  日本農芸化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page