Rchr
J-GLOBAL ID:201301028305259112   Update date: Apr. 17, 2021

Saito Mika

サイトウ ミカ | Saito Mika
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (3): 精神分析 ,  学生相談 ,  臨床心理学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2020 遠隔での参加型授業保障の試行
  • 2019 - 2020 スカイプによる遠隔相談システムの実践的研究
  • 2017 - 2019 援助要請行動回避型学生へのメンタルヘルス教育プログラムの開発
Papers (29):
  • Mika SAITO, Yiki FUJINO, Aya YAMAMOTO, Yoko URABE, Toshimichi MATSUKAWA, Atsushi TANAKA, Toru TOCHIMAKA. Tasks of the Career Support System. The Proceedings of the Research Institute of Sapporo Gakuin University. 2021. 8. 49-56
  • Mika Saito, Toshimichi Matsukawa. A Field Survey of Meisei University: A Study of Social Transition Support Program. The Proceedings of the Research Institute of Sapporo Gakuin University. 2021. 8. 23-32
  • 斉藤美香. イニシャルケースの意味とセラピストの役割を巡って -唐津論文へのコメント-. 札幌学院大学心理臨床センター紀要. 2020. 20
  • Issues Concerning Reasonable Accommodation for Developmental Disorders in Training Program for Certified Psychologists. 2020. 2. 2. 1-18
  • 斉藤 美香. メンタルヘルスリテラシーが専門家への援助要請行動に与える影響-大学生へのビニエットを用いて-. 札幌学院大学心理学紀要. 2019. 2. 1. 13-27
more...
Books (1):
  • Counseling in the Asia-Pacific Region
    GREENWOOD Press, London 1993
Lectures and oral presentations  (79):
  • 遠隔相談の実際-課題と可能性-
    (愛知教育大学教育総合臨床センター主催シンポジウム オンラインカウンセリングについて-相談援助の多様性を考える- 2021)
  • 新型コロナウイルス感染拡大が大学生に及ぼす影響に関する研究-北 海道内の大学への調査結果から-
    (北海道心理学会第67回大会)
  • 札幌学院大学での取り組み
    (2020年度 発達障がいの傾向がある 大学生の就労支援シンポジウム 2020)
  • 若年者の援助希求と自殺予防について
    (日本いのちの教育学会第22回大会 2020)
  • 明星大学の訪問報告
    (令和2年度 札幌学院大学発達障がいのある学生への教育支援FD/SD研究会 2020)
more...
Professional career (1):
  • 文学修士 (上智大学大学院)
Work history (1):
  • 2020/04 - 現在 Sapporo Gakuin University
Committee career (15):
  • 2019/05 - 現在 日本学生相談学会 常任理事(編集委員長)
  • 2018/06 - 現在 包括システムによる日本ロールシャッハ学会 理事(国際交流委員)
  • 2017/06 - 現在 北海道精神分析研究会 幹事
  • 2018/01 - 2020/01 全国学生相談研究会議 幹事(北海道・東北地区)
  • 2016/05 - 2019/05 日本学生相談学会 理事(編集委員)
Show all
Awards (1):
  • 2014/02 - 第6回日本不安障害学会 奨励賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page