Rchr
J-GLOBAL ID:201301033096139418   Update date: Feb. 15, 2021

Inoue Motoko

イノウエ モトコ | Inoue Motoko
Research field  (3): Museology ,  Cultural properties ,  Art history
Research keywords  (6): 文化財防災 ,  Japanese Art History ,  文化政策 ,  教育錦絵 ,  浮世絵 ,  近現代美術
Papers (17):
  • 井上 素子. 文化財防災に関する人材育成・情報発信の成果と課題. 文化財防災体制構築に関する研究会報告書. 2018
  • 井上 素子. 明治初期の児童教育と教育錦絵. 『浮世絵にみる子どもたちの文明開化』カタログ、町田市立国際版画美術館. 2017. 130
  • 井上 素子. 博物館展示施設における温湿度ロガー設置面の素材と採取データ精度の相関分析. 第38回 文化財保存修復学会要旨集. 2016. 128-129
  • INOUE, Motoko. Disaster Risk Management of Cultural Property by 3-Dimensional Environmental Data of Museums. 2015 International Symposium on Conservation od East Asian Cultural Heritage in Nara. 2015. 68-69
  • 井上 素子. 津波により被災した漆工芸作品の脱塩処理方法の検討. 第37回 文化財保存修復学会要旨集. 2015. 88-89
more...
MISC (2):
  • 井上 素子. 『博物館の虫対策(1000年後の未来へバトンタッチ!保存と修理情報39)』. 『東京国立博物館ニュース』東京国立博物館. 2017. 741. 11
  • 井上 素子. 「文化財を災害から守る-スイス最新型の文化財救援設備・BERCE(ベルス)」(1000年後の未来へバトンタッチ!保存と修理情報39). 『東京国立博物館ニュース』東京国立博物館. 2016. 737. 11
Books (1):
  • 芸術学の視座-真保亨先生古稀記念論文集
    勉誠出版 2002 ISBN:4585030905
Lectures and oral presentations  (3):
  • 学内共同研究推進のためのDX 研究者マッチング
    (研究大学コンソーシアム 3タスクフォース合同勉強会「研究力強化に資するデジタルトランスフォーメーションの潮流」 2020)
  • 異分野融合研究支援イベントの規模を考える ~施策の有効性~
    (リサーチ・アドミニストレーター協議会 第6回年次大会 2020)
  • 異分野融合研究支援の好事例紹介 -質の高い研究環境を目指して-
    (自然科学研究機構・東京工業大学 URA 等合同研修 2020)
Works (1):
  • 文化財防災マニュアル~汚損紙資料のクリーニング処置例~DVD、冊子
    井上 素子 2018 -
Professional career (1):
  • 博士(芸術学) (筑波大学)
Awards (1):
  • 2013/08 - University of Tsukuba Certificate of Outstanding Academic Achievement Award
Association Membership(s) (3):
THE JAPAN SOCIETY FOR THE CONSERVATION OF CULTURAL PROPERTY ,  INTERNATIONAL UKIYO-E SOCIETY ,  THE JAPAN ART HISTORY SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page