Rchr
J-GLOBAL ID:201301035433382721   Update date: Sep. 04, 2019

Hajime Kono

コウノ ハジメ | Hajime Kono
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60585074.ja.html
Research field  (1): Collagenous pathology/Allergology
Research keywords  (1): Clec9a
Papers (76):
  • Furukawa H, Oka S, Kawasaki A, Hidaka M, Shimada K, Kondo Y, Ihata A, Matsushita T, Matsumoto T, Hashimoto A, Matsumoto I, Komiya A, Kobayashi K, Osada A, Katayama M, Okamoto A, Setoguchi K, Kono H, Hamaguchi Y, Matsui T, Fukui N, Tamura H, Takehara K, Nagaoka S, Sugii S, Sumida T, Tsuchiya N, Tohma S. Human leukocyte antigen in Japanese patients with idiopathic inflammatory myopathy. Modern rheumatology. 2019. 1-7
  • 木村佳貴, 河野肇. 話題のリウマチ・膠原病治療薬:その基礎と臨床評価 ヒドロキシクロロキン. 炎症と免疫. 2018. 26. 6. 499-504
  • 河野肇. 国際臨床多施設共同研究の現況. 日本臨床. 2018. 76. 58-63
  • Takenaka K, Minami T, Yoshihashi Y, Hirata S, Kimura Y, Kono H. Decrease in MPO-ANCA after administration of benralizumab in eosinophilic granulomatosis with polyangiitis. Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology. 2019
  • Liu Yang, Ikawa Tetsuya, Tada Yayoi, Tanaka Takamitsu, Ohnishi Takamitsu, Watanabe Shinichi, Tsukui Daisuke, Asako Kurumi, Kono Hajime. Two Severe Cases of Adult-onset Still's Disease with Persistent Pruritic Eruptions. ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA. 2018. 98. 5. 524-525
more...
MISC (74):
  • 板宮 孝紘, 冨塚 崇史, 田中 園子, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 神谷 久雄, 塚本 和久, 河野 肇. 抗TNF-α阻害薬非使用下においてギラン・バレー症候群を発症した関節リウマチの1例. 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集. 2018. 29回. 50-50
  • 竹中 健智, 南 朋子, 吉橋 洋子, 平田 真哉, 木村 佳貴, 河野 肇. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症に対してベンラリズマブを投与後、MPO-ANCAが低下し、寛解が維持された一例. 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集. 2018. 29回. 77-77
  • 冨塚 崇史, 板宮 孝紘, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 津久井 大輔, 木村 佳貴, 本田 善一郎, 河野 肇, 近藤 福雄. 造影CTでは診断できず、FDG-PET-CTで診断し得た巨細胞性動脈炎の2例. 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集. 2018. 29回. 80-80
  • 内田俊也, 河野肇, 浅子来美, 菊地弘敏, 本間文佳, 豊城大悟, 古西純子, 奈倉倫人, 山崎ちひろ, 兒島憲一郎, 藤垣嘉秀, 鈴木和男. 全身性血管炎患者血清における抗モエシン抗体の臨床的意義. 日本腎臓学会誌. 2018. 60. 3. 424-424
  • 冨塚 崇史, 河野 肇. 【全身性疾患と腎update】(第1章)膠原病、血管炎、自己免疫疾患 結節性多発動脈炎・リウマチ専門医の視点より. 腎と透析. 2019. 86. 増刊. 62-65
more...
Lectures and oral presentations  (89):
  • 経皮的冠動脈インターベンション後にニューモシスティス肺炎を発症した関節リウマチの1例
    (日本内科学会関東支部関東地方会 2010)
  • 急性型神経Behcet病が疑われた延髄外側症候群の1例
    (日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集 2010)
  • 蛋白漏出性胃腸症を呈した全身性エリテマトーデスの1例
    (日本内科学会関東支部関東地方会 2011)
  • 自己炎症性症候群の責任遺伝子NLRP3(NALP3)の多彩な役割
    (日本臨床免疫学会会誌 2011)
  • リウマチ性疾患に合併したサイトメガロウイルス(CMV)血症の臨床的検討
    (日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012)
more...
Work history (1):
  • 2017/08 - 現在 Teikyo University School of Medicine Professor
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page