Rchr
J-GLOBAL ID:201301036257445572   Update date: Jul. 26, 2021

YAMAMOTO Rina

ヤマモト リナ | YAMAMOTO Rina
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (5): Sociology ,  Social welfare ,  Home economics, lifestyle science ,  Home economics, lifestyle science ,  Gender studies
Research keywords  (8): 文化・社会意識 ,  消費社会 ,  情報化社会 ,  都市 ,  居住福祉 ,  住宅政策 ,  高齢者住宅 ,  ライフスタイル
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2023 Housing and life support services for the urban elderly: a study on urban housing policy
  • 2019 - 2019 高齢社会における居住問題に関する日豪の比較社会学的研究
  • 2018 - Myth of Homeownership in Japan
  • 2015 - 2018 日米における都市住宅の動向と政策に関する比較社会学的研究
  • 2013 - 2015 A study of urban housing trends and its changes in contemporary society
Show all
Papers (13):
  • 山本理奈. 都市の住まいとまちなみ--「成城」を通して考える. 山の手「成城」の社会史. 2020. 194-220
  • 山本 理奈. マイホーム主義世代と居住地選択のゆくえ : 都市人口の高齢化がもたらす居住問題への社会学的アプローチ (特集 人口動態と地域まちづくり). 住宅. 2019. 68. 7. 31-35
  • 山本理奈. 女性の住環境を軽減する住まいとは. 変わる暮らしと住まいのかたち. 2019. 37-48
  • 山本理奈. 現代社会論としての社会意識論と理論的課題--「日本型管理社会の社会意識」に関する研究の検討を通して. 国際社会科学. 2017. 66. 73-87
  • 山本理奈. 超高層マンションと窓--機能性から眺望性へ. 窓がつくる社会、社会がつくる窓. 2016. 54-64
more...
MISC (6):
  • 中西 正彦, 大谷 宗之, 済藤 哲仁, 温井 達也, 山本 理奈. 座談会 これからの住宅地の課題を探る (特集 人口減少時代に住宅地をどう備えるか). 家とまちなみ. 2020. 39. 1. 14-21
  • 山本 理奈. 三浦倫平著『「共生」の都市社会学--下北沢再開発問題のなかで考える』. 社会学評論. 2017. 68. 2. 315-316
  • 木下 勇, 宮前 眞理子, 山本 理奈. Discussion (平成26(2014)年度重点テーマ 「作られたものから作るものへ」主体形成としての住宅) -- (第40回住総研シンポジウム 家族は虚像? 新しい集住の行方 : 個と家族、主体と世帯、IとWeの揺らぎ). すまいろん : 住総研レポート. 2015. 5. 62-69
  • 山本 理奈. 講演 マイホーム神話の臨界 (平成26(2014)年度重点テーマ 「作られたものから作るものへ」主体形成としての住宅) -- (第40回住総研シンポジウム 家族は虚像? 新しい集住の行方 : 個と家族、主体と世帯、IとWeの揺らぎ). すまいろん : 住総研レポート. 2015. 5. 44-49
  • Yamamoto Rina. Aging Families and Vacant Dwellings. Journal of architecture and building science. 2015. 1672. 20-21
more...
Books (13):
  • 山の手「成城」の社会史 : 都市・ミドルクラス・文化
    青弓社 2020 ISBN:9784787234667
  • 変わる暮らしと住まいのかたち : これからの豊かさをどう創るか
    創樹社 2019 ISBN:9784883511204
  • 東京の若手建築家とつくる家2--安らぎをともにつくるパートナー選び
    建築ジャーナル 2019 ISBN:9784860351120
  • 窓学アーカイブ : 窓学 = Windowology archive v. 3 (2014-2016)
    YKK AP株式会社窓研究所 2018
  • 窓がつくる社会、社会がつくる窓
    「窓の社会学」プロジェクト研究会 2016
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • Senior housing in Tokyo
    (UK-Japan Joint program: Ageing High-Rise Neighbourhoods, Workshop 1, Planning challenges to aging neighbourhoods, University of Tsukuba 2019)
  • The my home myth in Japan
    (Questioning the pursuit of successful careers and home ownership: A joint seminar featuring sociological perspectives from Finland and Japan, The University of South Australia 2019)
  • 住宅をめぐる社会的価値-学園都市「成城」を通 して考える
    (成城大学文芸学部公開シンポジウム(成城を住まう-- 都市、住宅、近代) 2018)
  • Myth of Homeownership in Japan
    (XIX ISA World Congress of Sociology 2018)
  • 都市空間の変容を考える-2000年代以降の東京を焦点として
    (第90回日本社会学会大会 2017)
more...
Professional career (2):
  • 博士(学術) (東京大学)
  • 修士(学術) (東京大学)
Work history (3):
  • 2019/04 - 現在 成城大学社会イノベーション学部 准教授
  • 2016/04 - 2019/03 The University of Tokyo Graduate School of Arts and Sciences, Graduate Dept. of Advanced Social and International Studies
  • 2015/04 - 2016/03 日本学術振興会 特別研究員PD
Committee career (8):
  • 2020 - 現在 大田区 大田区住宅マスタープラン有識者検討委員会委員
  • 2019 - 現在 住宅生産振興財団 「家とまちなみ」編集委員会委員
  • 2018 - 現在 住総研 「あこがれの住まいと暮らし」調査研究委員会委員
  • 2016 - 現在 日本建築学会 情報事業部会委員
  • 2014 - 2020 都市住宅学会 編集委員
Show all
Awards (1):
  • 2015 - 都市住宅学会 学会賞・著作賞
Association Membership(s) (6):
ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN ,  国際社会学会 ,  THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  JAPAN ASSOCIATION FOR URBAN SOCIOLOGY ,  ASSOCIATION OF URBAN HOUSING SCIENCES
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page