Rchr
J-GLOBAL ID:201301036735925879   Update date: Sep. 14, 2021

TSUTSUI Hideyo

ツツイ ヒデヨ | TSUTSUI Hideyo
Affiliation and department:
Research field  (5): Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Healthcare management, medical sociology
Research keywords  (5): 公衆衛生学 ,  難病 ,  障害学 ,  チーム医療 ,  ICF
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2016 - 2018 内部障害を有する難病患者の身体的・心理社会的問題抽出のアセスメント指標の開発
  • 2012 - 2015 高齢者の受診行動とヘルスリテラシーの現状と課題
  • 2011 - 2012 国際生活機能分類(ICF)を用いた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発
  • 2010 - 2011 国際生活機能分類(ICF)を用いた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発
  • 2010 - 2011 国際生活機能分類(ICF)を用いた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発
Show all
Papers (30):
MISC (15):
more...
Books (7):
  • Social Determinants of Health in Non-communicable Diseases Case Studies from Japan
    2020
  • [改訂版] 医療系学部のための 「医療と社会」入門
    ムイスリ出版 2018
  • 医療コミュニケーション
    2018
  • 医療系学部のための「医療と社会」入門
    ムイスリ出版 2017
  • 健康の社会的決定要因 - 疾患・状態別「健康格差」レビュー
    日本厚生協会 2013
more...
Lectures and oral presentations  (65):
  • Identification of physical and psychosocial problems in patients with Behçet’s disease and fatigue
    (2020)
  • IPE (Inter-Professional Education) 授業における救急シナリオの協同開発と学修成果
    (第50回日本医学教育学会大会 2018)
  • ベーチェット病患者の生活の質 (QOL) における性差の検討
    (第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 2018)
  • ベーチェット病患者のQOLに影響を及ぼす症状の検討
    (第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 2018)
  • 罹病期間がベーチェット病患者の生活の質(QOL)に与える影響
    (第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 2018)
more...
Education (2):
  • 2004 - 2008 名古屋大学大学院 健康増進医学講座健康スポーツ医学分野博士課程
  • 2001 - 2004 Nihon Fukushi University
Professional career (2):
  • 博士(医学) (名古屋大学)
  • 福祉マネジメント修士 (日本福祉大学)
Work history (7):
  • 2020/10 - 現在 Seijoh University Faculty of Care and Rehabilitation Professor
  • 2018/04 - 2020/09 Teikyo Heisei University Faculty of Modern Life, Department of Human Culture
  • 2015/04 - 2018/03 Teikyo University General Medical Education and Reseach Center
  • 2013/02 - 2015/03 Teikyo University School of Medicine
  • 2012/04 - 2013/01 Hamamatsu University School of Medicine Faculty of Medicine
Show all
Committee career (5):
  • 2019/05 - 現在 日本混合研究法学会 査読委員
  • 2017/12 - 現在 日本ベーチェット病学会 評議員
  • 2012/07 - 2013/03 一般社団法人日本家族計画協会公衆衛生委員会 編集委員
  • 1998/05 - 1999/03 多治見市在宅介護支援センター運営協議会 実務者チーム委員
  • 1998/05 - 1999/03 多治見市高齢者サービス調整チーム 実務者チーム委員
Association Membership(s) (10):
THE JAPANESE ASSOCIATION OF REHABILITATION MEDICINE ,  日本混合研究法学会 ,  JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY ,  JAPAN SOCIETY FOR MEDICAL EDUCATION ,  日本腎臓学会 ,  日本社会医学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR DIALYSIS THERAPY ,  JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  THE JAPAN DIABETES SOCIETY ,  JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WELFARE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page