Rchr
J-GLOBAL ID:201301038985399717   Update date: Apr. 30, 2021

TAMAKI Takeshi

タマキ タケシ | TAMAKI Takeshi
Affiliation and department:
Research field  (1): Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (1): 沖縄、親族、歴史人類学、権力文化論
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2018 - 2022 少子化に揺れる東アジアの父系理念-祖先祭祀実践と世界観の再創造に関する比較研究(研究分担)
  • 2013 - 2016 Social Relationship Functioning in the Time of Disaster and Reconstruction Process in Ryukyu Islands and Taiwan
  • 2012 - 2013 「祭祀空間に表れる環境認識:沖縄の生活環境史から展望する生活空間再生」(研究代表)
  • 2009 - 2010 「沖縄・奄美島嶼社会における行政防災施策・制度・システムの歴史的変遷に関する包括的研究」(研究分担)
  • 2008 - 2009 柳生の観光振興に関する基礎調査(研究分担)
Show all
Papers (15):
  • 玉城 毅. 「序:何故、今、働き方を問うのか?」. 奈良県立大学研究季報『地域創造学研究』. 2021. 31. 4. 39-51
  • 玉城 毅. 「王府組織を生きた兄弟:『麻氏兄弟たち』にみる近世琉球の士の生活戦術」. 『沖縄民俗研究』. 2020. 36. 1. 1-40
  • 玉城 毅. 移住者の歴史経験と兄弟の生活戦術:琉球・沖縄における寄留民の歴史人類学的研究. 博士論文 東北大学大学院文学研究科. 2018
  • 玉城 毅. 「階層文化としての親族:地方役人層と一般の百姓にとっての『門中化』」. 『アジア民衆史研究』. 2017. 22. 49-66
  • 玉城 毅. 「沖縄における台風のインパクト:災害対策としてのコミュニティ」. 『沖縄・奄美島嶼社会における災害・防災の歴史的変遷に関する包括的研究』. 2013. 119-132
more...
MISC (17):
  • 玉城 毅. 「コメント」外川昌彦編『バングラディシュにおける災害支援と地域開発の最前線』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所. 外川昌彦編『バングラディシュにおける災害支援と地域開発の最前線』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所. 2017. 81-86
  • 玉城 毅. 「書評:三田牧『海を読み、魚を語る--沖縄県糸満における海の記憶の民族誌』コモンズ」. 図書新聞. 2015
  • 玉城 毅. 「19 世紀末琉球の王府組織に関する史料(2):『琉球藩官職制』・『古老集記類の二』」. 奈良県立大学研究季報『地域創造学研究』. 2015. 25. 2. 55-91
  • 玉城 毅. 「19 世紀末琉球の王府組織に関する史料(1):『琉球藩雑記(琉球藩臣官禄記)』・『東汀随筆』」. 奈良県立大学研究季報『地域創造学研究』. 2014. 24. 4. 79-106
  • 玉城 毅. 「八重山からの台湾女中」. 『月刊やいま』(南山舎). 2011. 8-9
more...
Books (11):
  • グローバリゼーションとつながりの人類学
    七月社 2021
  • 沖縄県史 各論編 第9巻 民俗
    沖縄県教育委員会 2020
  • 海民の移動誌:西太平洋のネットワーク社会
    昭和堂 2018
  • 東アジアで学ぶ文化人類学
    昭和堂 2017
  • 名護市史本編3 名護・やんばるの沖縄戦
    沖縄県名護市役所 2016
more...
Lectures and oral presentations  (38):
  • 「少子化に揺れる東アジアの父系理念」
    (日本文化人類学会第53回研究大会分科会(東北大学) 2019)
  • 「簡素化する死者儀礼と祖先祭祀:沖縄において死は隠蔽されているか?」
    (日本文化人類学会第53回研究大会分科会(東北大学) 2019)
  • 「沖縄研究140年:権力状況の中の沖縄人類学」
    (沖縄民俗学会(沖縄県立芸術大学) 2019)
  • 「階層文化としての親族:琉球・沖縄史における地方役人層と一般の百姓」
    (アジア民衆史研究会(早稲田大学) 2016)
  • 「コメント:バングラデシュにおける災害支援と地域開発の最前線」
    (シンポジウム:バングラデシュにおける災害支援と地域開発の最前線(東京外国語大学) 2016)
more...
Education (3):
  • 1993 - 1997 Hiroshima University
  • 1991 - 1993 Hiroshima University
  • 1984 - 1991 Kyoto University of Foreign Studies Department of British and American Studies
Professional career (1):
  • 博士(文学) (東北大学)
Work history (6):
  • 2019/04 - 現在 Nara Prefectural University Faculty of Regional Promotion Proffesor
  • 2011/04 - 2019/03 Nara Prefectural University Faculty of Regional Promotion Associate Professor
  • 2008/04 - 2011/03 Nara Prefectural University Faculty of Regional Promotion Senior Lecturer
  • 1999/04 - 2007/03 Okinawa International University Part time lecturer
  • 1999/04 - 2007/03 University of the Ryukyus Part time lecturer
Show all
Committee career (2):
  • 2005 - 現在 The Folklore Society of Okinawa A Member of Editorial Board
  • 2004/04 - 現在 The Folklore Society of Okinawa Steering Committee
Awards (1):
  • 2016/11 - Japanese Society for the Okinawan Studies The award of Japanese Society for the Okinawan Studies
Association Membership(s) (3):
The Okinawa Cultural Association ,  The Folklore Society of Okinawa ,  The Japanese Society of Cultural Anthropology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page