Rchr
J-GLOBAL ID:201301040324937083   Update date: Jul. 21, 2024

NAKAGAWA KOJI

ナカガワ コウジ | NAKAGAWA KOJI
Affiliation and department:
Research field  (4): Biological resource conservation ,  Environmental policy and society ,  Landscape science ,  Education - general
Research keywords  (12): Data Science ,  wildlife management ,  GIS(地理情報システム) ,  リモートセンシング ,  造林 ,  forest ecology ,  environmental education ,  international cooperation ,  forest policy ,  environmental policy ,  governance ,  local government
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2014 - 2015 森林環境学習「やまのこ」事業の施策評価の試み
  • 2012 - 2013 木造住宅における国産材の使用に対する消費者選好の分析
Papers (21):
  • 中川宏治. クヌギ造林地における保育作業の省力化. 日本緑化工学会誌. 2024. 49. 4. 41-45
  • 中川宏治. 二次林に隣接する針葉樹人工林における天然更新稚樹群集の変化. 日本緑化工学会誌. 2024. 49. 3. 314-319
  • 中川宏治. 自然立地条件と人々の認識を考慮した自然体験学習施策の検討 -学習場所と実施主体に着目して-. 環境教育. 2024. 33. 14-25
  • Koji Nakagawa. Role of citizen groups and parents for the practice of nature experience for infants: Focus on seasonal changes, five senses and types of natural objects. 2024. 27. 1-12
  • Method for forest zoning based on the evaluation of forest landscape. 2023. 28. 1. 137-144
more...
MISC (29):
  • Analysis Method for time-series satellite images Using Google Earth Engine and Google Colaboratory. 2024
  • 中川宏治, 小島永裕, 木村道徳. 琵琶湖を育む森林に関する研究. 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター研究報告書. 2024. 19. 108-128
  • A simple method for evaluating woody vegetation succession using SENTINEL-2A satellites. 2023. 79-82
  • 中川宏治, 小島永裕, 鶴田健二. 琵琶湖を育む森林に関する研究. 琵琶湖環境科学研究センター 研究報告書. 2023. 18
  • 中川宏治. 森林のゾーニングに関する研究. 全国林業試験研究機関協議会 会誌. 2022. 56. 34-34
more...
Books (4):
  • ケニアの陽光 : 野生生物との共生を目指して : ポストコロナの海外ボランティア
    子どもの未来社 2021 ISBN:9784864121958
  • 森林再生に向けた次世代林業技術 : 林業技術発展を俯瞰し、次世代の日本林業を支える技術を解説
    日本造林協会 2016
  • 滋賀県副読本『琵琶湖と自然』(六訂版)
    滋賀県 2012
  • おうみのこ環境学習ガイド
    滋賀県教育委員会 2011
Lectures and oral presentations  (21):
  • 植生の遷移が自然体験活動に及ぼす影響
    (第7回関西環境教育合同研究大会 2024)
  • 隣接する森林の森林タイプの違いが人工林択伐跡地の天然更 新に及ぼす影響
    (第 74 回 応用森林学会大会 2023)
  • A simple method for evaluating woody vegetation succession using SENTINEL-2A satellites
    (2023)
  • 森林のゾーニングにおける自然的・社会的条件の検討-モントリオール・プロセスの枠組みを参考にしてー
    (日本景観生態学会第33回淡路大会 2023)
  • 幼児期を対象とした自然体験活動における地域社会の役割ー滋賀県大津市の市民団体の活動を事例にー
    (第6回関西環境教育合同研究大会 2023)
more...
Education (1):
  • - 2002 Kyoto University Faculty of Agriculture
Professional career (2):
  • 修士 (京都大学大学院農学研究科)
  • 博士 (滋賀県立大学大学院環境科学研究科)
Committee career (3):
  • 2012/04 - 2013/03 滋賀県 『琵琶湖と自然』(六訂版) 改定委員
  • 2006/04 - 2007/03 滋賀県 「しが2030年の姿」検討ワーキンググループ
  • 滋賀大学NPM研究会 湖南市事業仕分け(外部委員)
Awards (1):
  • 2008 - 全国森林病虫獣害防除協会 森林防疫奨励賞三席 松枯れに関する滋賀県民意識調査の結果について
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page