Rchr
J-GLOBAL ID:201301040324937083   Update date: Sep. 06, 2021

NAKAGAWA KOJI

ナカガワ コウジ | NAKAGAWA KOJI
Affiliation and department:
Research field  (1): Environmental policy and society
Research keywords  (8): 造林 ,  forest ecology ,  environmental education ,  international cooperation ,  forest policy ,  environmental policy ,  governance ,  local government
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2014 - 2015 森林環境学習「やまのこ」事業の施策評価の試み
  • 2012 - 2013 木造住宅における国産材の使用に対する消費者選好の分析
Papers (16):
more...
MISC (22):
  • 中川宏治, 金子修一, 三井香代子, 須永哲明. 琵琶湖を育む森林の管理に関する研究. 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター研究報告書. 2021. 16. 101-121
  • 中川宏治. 天然更新の研究に思うこと. 全国林業試験研究機関協議会 会誌. 2019. 53. 75-76
  • 中川宏治, 金子修一, 三井香代子, 須永哲明. 琵琶湖を育む森林の管理に関する研究. 2019. 15
  • 三井香代子, 中川宏治, 須永哲明. 琵琶湖を育む森林の管理に関する研究. 琵琶湖環境科学研究センター 研究報告書. 2018
  • 中川 宏治. 森林文化通信 美しい山河を次世代に引き継ぐために : 小山悌氏という人. グリーン・パワー. 2017. 458
more...
Books (4):
  • ケニアの陽光 野生生物との共生を目指して ポストコロナの海外ボランティア
    子どもの未来社 2021
  • 森林再生に向けた次世代林業技術 : 林業技術発展を俯瞰し、次世代の日本林業を支える技術を解説
    日本造林協会 2016
  • 滋賀県副読本『琵琶湖と自然』(六訂版)
    滋賀県 2012
  • おうみのこ環境学習ガイド
    滋賀県教育委員会 2011
Lectures and oral presentations  (14):
  • 政策課題研究5 琵琶湖を育む森林に関する研究
    (滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 令和3年度 評議員会 2021)
  • 下刈り省略が植栽木の成長に与える影響
    (第132回日本森林学会大会 2021)
  • 森林の更新とシカ対策に関する研究
    (滋賀県林業普及センター技術研修会 2021年2月8日 2021)
  • 政策課題研究5 琵琶湖を育む森林に関する研究
    (滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 令和2年度 評議員会 2020)
  • 滋賀県甲賀地域におけるコンテナ苗と裸苗の初期成長
    (第 70 回 応用森林学会大会 2019)
more...
Professional career (2):
  • 修士 (京都大学大学院農学研究科)
  • 博士 (滋賀県立大学大学院環境科学研究科)
Committee career (3):
  • 2012/04 - 2013/03 滋賀県 『琵琶湖と自然』(六訂版) 改定委員
  • 2006/04 - 2007/03 滋賀県 「しが2030年の姿」検討ワーキンググループ
  • 滋賀大学NPM研究会 湖南市事業仕分け(外部委員)
Awards (1):
  • 2008 - 全国森林病虫獣害防除協会 森林防疫奨励賞三席 松枯れに関する滋賀県民意識調査の結果について
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page