Rchr
J-GLOBAL ID:201301046634820192   Update date: Mar. 04, 2021

YAMAMOTO Shuhei

ヤマモト シュウヘイ | YAMAMOTO Shuhei
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10520306.ja.html
Research field  (1): Civil law
Papers (8):
  • 山本周平. 製造物の欠陥と侵害回避費用の賠償--ドイツ連邦通常裁判所2008年12月16日判決および欧州司法裁判所2015年3月5日先決裁定の検討. 松久三四彦ほか『社会の変容と民法の課題(下)』. 2018. 393-415
  • 山本周平. 不法行為法における経済的利益の保護とその立法的課題. 現代不法行為法研究会編『不法行為法の立法的課題(別冊NBL155号)』. 2015. 117-130
  • 山本 周平. ヨーロッパ不法行為法の一断面 : 共通参照枠草案(DCFR)第VI編の検討. 北大法学論集. 2013. 64. 3. 711-779
  • 山本 周平. 不法行為法における法的評価の構造と方法(5・完)ヨーロッパ不法行為法原則(PETL)と動的システム論を手がかりとして. 法学論叢. 2011. 169. 6. 36-55
  • 山本 周平. 不法行為法における法的評価の構造と方法(4)ヨーロッパ不法行為法原則(PETL)と動的システム論を手がかりとして. 法学論叢. 2011. 169. 5. 36-55
more...
MISC (5):
  • 山本周平. 相続構成と扶養利益構成. 法学教室. 2018. 456. 34-37
  • 山本周平. 建物の設計・施工者の責任. 中田裕康=森田宏樹編『民法判例百選II 債権〔第8版〕』. 2018. 172-173
  • 山本周平. 弁護士会照会に対する報告拒絶と不法行為責任の成否. 判例評論. 2016. 685. 8-13
  • 山本周平. 責任能力のない未成年者の加害行為についての監督義務者の責任. 判例セレクト2015 [I](法学教室425号別冊付録). 2016. 19-19
  • Note on Civil Law Case. 2014. 65. 2. 91-112
Education (2):
  • 2006 - 2008 Kyoto University Law School
  • 2002 - 2006 Kyoto University
Professional career (1):
  • 法務博士(専門職)
Work history (4):
  • 2011/04 - 現在 Hokkaido University Graduate School of Law
  • 2018/03 - 2018/08 マックス・プランク外国私法・国際私法研究所 客員研究員
  • 2016/09 - 2018/02 フンボルト大学ベルリン 客員研究員
  • 2008/04 - 2011/03 Kyoto University Graduate School of Law
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page