Rchr
J-GLOBAL ID:201301048788475520   Update date: Nov. 11, 2020

Kagawa Bunyo

カガワ ブンヨウ | Kagawa Bunyo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10291238.ja.html
Research field  (1): Agricultural and food economics
Research keywords  (11): 農業サービス ,  協定(標準)農作業料金 ,  会計・原価計算モデル ,  マテリアルフローコスト ,  地域特性 ,  農業構造問題 ,  農業会計 ,  農業ファイナンス ,  農業統計 ,  地域農業 ,  農業労働力
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2012 - 2015 土地改良区の組織変革と土地改良事業の拡充・展開の可能性に関する研究
  • 2009 - 2012 農業における人的資源開発に関するキャリア・サイクル論的研究
  • 2004 - 2007 食品廃棄物の処理・再生利用に関する管理会計的評価
  • 2001 - 2003 農作業受委託における地域内協定料金の設定水準が地域稲作に及ぼす影響の計測
  • 1999 - 2001 稲作における農作業受託料金の設定方式と料金の地域格差に関する研究
Papers (29):
more...
MISC (14):
  • 香川文庸. 2015年農林業センサス中間報告-京都の農業構造(農地・担い手)を分析する. 2016. 1-66
  • 香川文庸. 市場特別会計の現状と評価. 奈良県中央卸売市場のあり方基本構想策定事業調査報告書. 2011. 36-40
  • 香川文庸. 書評:小田切徳美編『日本の農業-2005年農業センサス分析』. 農業と経済. 2008. 75. 1. 122-122
  • 香川文庸. 地域特産野菜. 農業経営学術用語辞典. 2007. 141-142
  • 香川文庸. 食品廃棄物の循環的利用に関する事例分析. 十勝圏におけるエコフードビジネスモデルの構築に関する研究. 2006. 10-21
more...
Books (15):
  • 未来の担い手を確保するために
    全国農業会議所 2018
  • 中山間地の稲作を誰が担うのか
    全国農業会議所 2017
  • 食・農・環境の新時代
    昭和同 2016
  • 農業経営発展の会計学
    昭和堂 2012
  • 農業経営研究の軌跡と展望
    農林統計出版 2012
more...
Education (3):
  • 1994 - 1996 Kyoto University
  • 1992 - 1994 Kyoto University
  • 1987 - 1991 Osaka Prefecture University
Professional career (1):
  • 博士(農学) (京都大学)
Work history (5):
  • 2015/04 - 現在 Ryukoku University Faculty of Agriculture
  • 2013/04 - 2015/03 Ryukoku University Faculty of Business Administration
  • 2010/04 - 2013/03 Kyoto University
  • 2005/03 - 2010/03 Kyoto University
  • 1996/10 - 2005/02 Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine Faculty of Animal Husbandry
Committee career (5):
  • 2013/12 - 現在 京都府農業会議 専門員
  • 2013/12 - 現在 京都府農業会議 都市農政対策検討会委員
  • 2009/12 - 2015/12 城陽市農業振興協議会 委員
  • 2008/11 - 2010/12 地域農林経済学会 常任理事
  • 2006/09 - 2008/08 日本農業経営学会 常任理事
Awards (2):
  • 2013/10 - 地域農林経済学会 特別賞 農業経営発展の会計学
  • 2004/03 - 日本農業経済学会 奨励賞 農作業料金の経済分析-稲作農作業受委託の展開と協定料金の水準-
Association Membership(s) (5):
THE AGRICULTURAL ECONOMICS SOCIETY OF HOKKAIDO ,  JAPAN SOCIETY OF ECONOMIC STATISTICS ,  THE ASSOCIATION FOR REGIONAL AGRICULTURAL AND FORESTRY ECONOMICS ,  THE AGRICULTURAL ECONOMICS SOCIETY OF JAPAN ,  THE FARM MANAGEMENT SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page