Rchr
J-GLOBAL ID:201301048878250870   Update date: Jun. 03, 2021

Yuasa Sao

ユアサ サオ | Yuasa Sao
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Japanese linguistics
Research keywords  (1): 近代語、方言日本語史、当為表現、方言文法全国地図
Papers (12):
  • 湯浅 彩央. 近世戯作資料にみる夫婦の会話-女性に対する規範意識を中心として-. 湘南文学. 2020. 第55
  • 湯浅 彩央. 近世期尾張方言資料における当為表現・禁止表現. 国語語彙史の研究. 2018. 三十七. 93-111
  • 湯浅 彩央. 地方洒落本のなかの江戸語-尾張洒落本を例に-. 湘南文学. 2017. 第52
  • 湯浅 彩央. 式亭三馬滑稽本における禁止表現-当為表現との関わりから-. 湘南文学. 2016. 第51. 21-32
  • 湯浅 彩央. 「御大工棟梁善藏より聞覚控」の資料性 -日本語史・近世以降の九州方言資料の対照から-. 言語文化研究. 2015. 第14. 13-36
more...
Books (1):
  • 近代日本語の当為表現
    武蔵野書院 2019
Lectures and oral presentations  (9):
  • 江戸滑稽本におけるイカナイとイケナイ-当為・禁止表現からの一考察-
    (第367回日本近代語研究会秋季発表大会 2019)
  • 地方洒落本のなかの江戸語-尾張洒落本を例に-
    (第337回日本近代語研究会秋季発表大会 2016)
  • 『航米日録』に見る玉虫の表現意識-外国地名表現から-
    (国際言語文化研究所萌芽的プロジェクト研究 西洋見聞集研究会シンポジウム 2013)
  • 『航米日録』にみる外国地名表記
    (第136回立命館大学日本文学会研究例会 2012)
  • 『方言文法全国地図』にみる当為表現
    (第277回近代語研究会秋季発表大会 2010)
more...
Education (1):
  • - 2008 Ritsumeikan University
Professional career (1):
  • 博士(文学) (立命館大学)
Work history (9):
  • 2019/04 - 現在 Tokai University School of Letters
  • 2015/04 - 2019/03 Tokai University School of Letters
  • 2012/04 - 2015/03 Ritsumeikan University College of Letters, Communication Program Assistant Professor
  • 2011/04 - 2012/03 Keisen University
  • 2009/04 - 2012/03 Ritsumeikan University
Show all
Association Membership(s) (1):
日本語学会、日本近代語研究会、東アジア日本語教育・日本文化研究学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page