Rchr
J-GLOBAL ID:201301050567970564   Update date: Jan. 06, 2015

Ogita Tamae

オギタ タマエ | Ogita Tamae
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40506242.ja.html
Research field  (1): Clinical nursing
Research keywords  (9): 助産ケア ,  病院・診療所 ,  助産師 ,  産婦 ,  妊婦健康教育プログラム ,  危機管理 ,  セルフケア ,  施設外分娩 ,  出産準備行動
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2013 - 2016 病院・診療所各施設の特徴から生じる出産の真の満足を達成する助産ケア
  • 2010 - 2012 Characteristics of midwifery care given to pregnant mothers to achieve independent childbirth at hospitals and clinics
  • 2009 - 2011 Risk management during crises in delivery by pregnant women
Papers (9):
MISC (1):
  • 荻田珠江. 中高生に対する看護職からの性教育. 小児看護. 2014. 37. 2. 184-189
Lectures and oral presentations  (12):
  • 経験10年以上の助産師が獲得した妊産婦ケアの経験知に関する研究
    (母性衛生 2014)
  • Yoga improves the emotion of pregnant women in the third trimester
    (ICM 30th Triennial Congress 2014)
  • 出産後の女性と助産師が認識する主体的な出産に向けた病院・診療所の助産ケアの比較
    (日本助産学会誌 2014)
  • 妊産婦ケア経験から獲得する助産師の経験知と経験年数および分娩介助件数の関連
    (日本助産学会誌 2014)
  • 病院・診療所各施設における産婦の主体的な出産を阻む要因
    (日本看護科学学会学術集会講演集 2013)
more...
Work history (2):
  • 2013/04 - 現在 Sapporo Medical University School of Health Sciences, Department of Nursing
  • 2008/04 - 2013/03 Hokkaido University
Committee career (1):
  • 2012/08 - 2013/03 公益社団法人全国助産師教育協議会 生涯教育研修委員会 教育研修小委員
Awards (1):
  • 2013/09 - 北海道母性衛生学会 研究奨励賞 唾液中クロモグラニンAによるマタニティヨーガの精神的ストレス軽減効果の検証
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page