Rchr
J-GLOBAL ID:201301051545171850   Update date: Sep. 01, 2020

Tanimura Kenji

Tanimura Kenji | Tanimura Kenji
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Obstetrics and gynecology
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2017 - 2020 生殖不全における制御性B細胞、樹状細胞、NK細胞の役割の解明
  • 2017 - 2020 HLA class II複合体抗体による不育症、妊娠合併症の新診断・治療法の確立
  • 2014 - 2017 β2GPI/MHCクラスIIに対する自己抗体の証明と産科異常病因解析
Papers (143):
more...
MISC (113):
Books (14):
  • 読める生かせる説明できる!産科の臨床検査ディクショナリー / 4-40. サイトメガロウイルス抗体
    メディカ出版 2018
  • 産婦人科感染症マニュアル 日本産科婦人科感染症学会編 / 9. 水痘・帯状発疹ウイルス
    金原出版 2018
  • 産婦人科感染症マニュアル 日本産科婦人科感染症学会編 / 12. HIV感染症
    金原出版 2018
  • Commemorating the 60th anniversary of the establishment of Japan Thyroid Association, An extended edition of Journal of the Japan Thyroid Association "Thyroid Hormones and Their Related Diseases" / Thyroid hormones and pregnancy/infertility/recurrent preg
    Medical Review Co. Ltd. 2017
  • 臨床免疫・アレルギー科 / β2-グリコプロテイン-I/HLA classII複合体は抗リン脂質抗体症候群の標的抗原である
    科学評論社 2016
more...
Lectures and oral presentations  (248):
  • 先天性サイトメガロウイルス感染発生に関連する臨床・検査所見
    (AMED 成育疾患克服等総合研究事業「母子感染に対する母子保健体制構築と医療開発技術のための研究」平成30年度第2回班会議 2018)
  • 母子感染:予防と対策 兵庫県の妊婦梅毒症例からみた梅毒母子感染の予防と対策における課題
    (第63回日本新生児成育医学会学術集会 2018)
  • 不育症リスク因子としてのネオ・セルフ抗体
    (第33回日本生殖免疫学会総会・学術集会 2018)
  • 妊娠初期のプロテインS低値と産科異常との関連
    (第33回日本生殖免疫学会総会・学術集会 2018)
  • 切迫流早産と腟内マイクロバイオームとの関連性
    (第33回日本生殖免疫学会総会・学術集会 2018)
more...
Education (1):
  • - 2004 神戸大学 大学院
Professional career (1):
  • 博士(医学) (神戸大学)
Awards (5):
  • 2017/10 - 神戸大学医学部 平成28年度神戸大学医学部優秀学術論文賞 Prediction of congenital cytomegalovirus infection in high-risk pregnant women
  • 2017/07 - 兵庫県産科婦人科学会 平成29年度兵庫県産科婦人科学会賞 Prediction of congenital cytomegalovirus infection in high-risk pregnant women
  • 2016/10 - International Workshop on Autoantibodies and Autoimmunity Award for Exceptional Abstract and Presentation beta2-glycoprotein I / HLA class II complexes are novel autoantigens in antiphospholipid syndrome
  • 2015/11 - 日本生殖免疫学会 第30回日本生殖免疫学会賞 β2グリコプロテインI/MHCクラスII複合体が抗リン脂質抗体症候群の病態に関連する
  • 2014/01 - 大阪大学微生物病研究所 平成25年度大阪大学微生物病研究所業績発表会 優秀学術賞 Cellular misfolded proteins transported to the cell surface by MHC class II molecules are targets for autoantibodies in autoimmune diseases
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page