Rchr
J-GLOBAL ID:201301058888098509   Update date: Sep. 01, 2020

Takahara Ryuji

Takahara Ryuji
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): http://www.osaka-ue.ac.jp/zemi/takahara/
Research field  (2): Clinical psychology ,  Social psychology
Research keywords  (3): attitude survey consultation ,  action research ,  アクション・リサーチ,意識調査コンサルテーション
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2019 - 現在 起業家の性格診断ツール作成のコンサルテーション
  • 2019 - 2020 災害や異常時等におけるモノレール乗務員の対応に関する研究
  • 2019 - 2020 起業家の性格診断ツール作成のコンサルテーション
  • 2019 - 2020 ストレスチェック運用における効果的な集団分析と組織改善の検討
  • 2018 - 2019 災害や異常時等におけるモノレール乗務員の対応に関する研究
Show all
Papers (18):
  • Ryuji TAKAHARA, Akihito SHIMAZU. Towards the certified public psychologists expected in the field of industry. Job Stress Research. 2019. 26. 4. 363-367
  • Who will lead job stress management?. Job Stress Research. 2019. 26. 3. 291-293
  • Ryuji TAKAHARA, Naoki KUGIHARA. Examination of appropriate announcement methods for monorail emergency stoppages: Simulation experiment based on channels and intervals of announcements. Japanese Associatin of Industrial/Organizational Psychology Journal. 2018. 32. 1. 43-54
  • 田中健吾, 高原龍二. 特集によせて(特集 経営の新しい方向性と産業ストレス). 産業ストレス研究. 2018. 25. 2. 183-183
  • Survival analysis using the stress check data to predict employee turnover. Japanese Journal of Interpersonal and Social Psychology. 2018. 18. 1-9
more...
Books (2):
  • はじめてのビジネス法
    晃洋書房 2017
  • 高齢者施設用語事典
    中央法規出版 2004 ISBN:9784805828045
Lectures and oral presentations  (97):
  • 産業・労働分野: 心理職のための最後のフロンティア
    (一般社団法人大阪公認心理師会設立記念研修会 シンポジウム「これからの心理職の在り方について」 2020)
  • 心理職が儲けて何が悪い!!
    (2019年度大阪府臨床心理会合同研修会 A研修会「イキイキしてまっか×儲かりまっか~これからの活躍できる心理職とは~」 2019)
  • 心理職が設けて何が悪い!!
    (2019年度大阪府臨床心理会合同研修会 A分科会 2019)
  • インストラクショナル・デザインを活用した産業保健の研修設計ワークショップ~パワハラ張本人の管理職に,ストレスチェックの集団分析返却時の管理者教育を極める~(実践編)
    (日本産業ストレス学会研修会(令和元年度第2回)「働き方改革後の産業ストレスのトピックス~個人・組織への対応を学ぶ~」 2019)
  • 職場のメンタルヘルス対策に関わる専門の連携力をめぐって~効果的な連携に役立つセンスとスキルとは~(座長)
    (第27回日本産業ストレス学会 2019)
more...
Works (8):
  • Licensed psychologist
    2018 -
  • 調査を使って社会や組織を動かす
    2013 -
  • 日教組「教員の働きがいに関する意識調査」が語るもの 「定年」まで働き続けるリアリティー
    高原龍二, 平野恵司, 平野美代子, 長谷川裕子 2012 -
  • 「子どもを守る」シリーズ6 「教員の働きがい」後編
    佐々木貴, 高原龍二, 油布佐和子, 香山リカ 2011 -
  • 「子どもを守る」シリーズ5 「教員の働きがい」前編
    佐々木貴, 高原龍二, 油布佐和子, 香山リカ 2011 -
more...
Education (3):
  • 2012 - 2015 Osaka University Human Sciences Major, Psychological Sciences, Social Psychology
  • 1999 - 2001 Osaka University Education Major, Clinical Inquiries in Education, Clinical Psychology
  • 1995 - 1999 Osaka University Department of Human Sciences, Education Major, Educational-Clinical Psychology
Professional career (6):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
  • 修士(人間科学) (大阪大学)
  • 学士(人間科学) (大阪大学)
  • Ph.D. in Human Sciences (Osaka University)
  • Master of Human Sciences (Osaka University)
Show all
Work history (13):
  • 2015/04/01 - 現在 Faculty of Business Administration Faculty of Business Administration Department of Business Administration Associate Professor
  • 2015/04 - 現在 Nara Women's University Faculty of Letters
  • 2012/10 - 現在 社団法人国際経済労働研究所(2013年4月- 公益社団法人) 社会心理研究事業部 非常勤研究員
  • 2019/08/01 - 2020/03/31 Joetsu University of Education
  • 2017/08 - 2018/08 株式会社ジャパンEAPシステムズ 職員
Show all
Committee career (22):
  • 2019/05/13 - 現在 一般社団法人大阪公認心理師会 常任理事
  • 2018/05 - 現在 The Japan Association of Job Stress Research
  • 2018/05 - 現在 日本産業ストレス学会 第27回日本産業ストレス学会実行委員
  • 2017/12 - 現在 The Japan Association of Job Stress Research
  • 2017/12 - 現在 日本産業ストレス学会 理事
Show all
Awards (2):
  • 2015/07 - 日本社会医学会 第56回日本社会医学会総会奨励賞 地域住民のQOL規定要因に関する検討(2): QOL規定要因の地域性
  • 2011/05 - Outstanding Paper Award of 2010 Sangyo Eiseigaku Zasshi
Association Membership(s) (9):
The Japanese Psychological Association ,  Japan Society for Occupational Health ,  Japanese Association of Industrial / Organizational Psychology ,  The Japanese Society of Social Psychology ,  The Japanese Association of Educational Psychology ,  The Japan Association of Job Stress Research ,  Japan Society of Personality Psychology ,  日本社会医学会 ,  日本グループ・ダイナミックス学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page