Rchr
J-GLOBAL ID:201301062181703187   Update date: Jul. 04, 2022

Masuda Kooiti

マスダ コウイチ | Masuda Kooiti
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://macroscope.world.coocan.jp
Research field  (3): Sociology/history of science and technology ,  Geography ,  Atmospheric and hydrospheric science
Research keywords  (30): 積雪 ,  リモートセンシング ,  衛星データ ,  土壌水分 ,  水収支 ,  ユーラシア大陸 ,  植生 ,  河川流量 ,  積雪水量 ,  4次元同化データ ,  大気と地表面の熱収支と水収支 ,  蒸発潜熱フラックス ,  流量 ,  北米大陸 ,  大気エネルギー収支 ,  季節変化 ,  地表面状態 ,  流域貯留量 ,  4次元同化 ,  数値標高データ ,  大気のエネルギー輸送 ,  マイクロ波リモートセンシング ,  流域水収支 ,  大陸の河川流域水収支 ,  顕熱フラックス ,  大気の成層 ,  土壌水分量 ,  地面温度 ,  大気の水蒸気輸送 ,  大気大循環
Papers (59):
more...
MISC (43):
Books (1):
  • 温暖化の「発見」とは何か
    みすず書房 2005 ISBN:4622071347
Lectures and oral presentations  (44):
  • P366 観測・再解析・CMIP5モデルによるカラム積算水蒸気量と水蒸気リサイクリングの経年変動(ポスター・セッション)
    (大会講演予講集 2014)
  • F101 Toward Science for Energy Policy : A Trial of Priority Setting of Research and Development Themes
    (The Proceedings of the National Symposium on Power and Energy Systems 2013)
  • D110 フィリピンの日射量推定について(大気境界層,口頭発表)
    (大会講演予講集 2013)
  • P334 ALERA2を用いたVPREX2010ゾンデデータの同化インパクト(ポスター・セッション)
    (大会講演予講集 2011)
  • P418 ベトナム・フィリピン豪雨集中観測2010 (VPREX2010)(ポスター・セッション)
    (大会講演予講集 2011)
more...
Professional career (1):
  • 理学博士 (東京大学)
Work history (1):
  • 2004/04 - 2017/03 Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page