Rchr
J-GLOBAL ID:201301074102093040   Update date: Mar. 30, 2021

OGINO Takahito

オギノ タカヒト | OGINO Takahito
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00410861.ja.html
Research field  (1): Social welfare
Research keywords  (3): ベトナム難民 ,  ソーシャルワーク ,  かかわり
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2014 - 2015 滞日難民に対する定住促進支援方法の課題-スウェーデンにおける定住促進支援方法との比較をつうじて
  • 2013 - 2015 「ベトナム難民」の「定住化」促進支援-環境との交互作用促進の支援に焦点化して
  • 2013 - 2015 「ベトナム難民」の「定住化」促進支援-環境との交互作用促進の支援に焦点化して
  • 2010 - 2011 多文化間における「かかわり」促進のためのソーシャルワーク支援の方法
  • 2010 - 2011 多文化間における「かかわり」促進のためのソーシャルワーク支援の方法
Papers (13):
  • 荻野 剛史. 宮崎県における地域住民によるベトナム難民支援-「ベトナムの家」を中心として. 石井十次資料館研究紀要. 2019. 20. 211-228
  • Takahito OGINO. Positive and Negative Factors Pertaining to the Integration of Refugees: From the Experience of Vietnamese Refugees Living in Sweden. The Bulletin of The Faculty of Sociology, Toyo University. 2019. 56. 2. 59-69
  • Takahito OGINO. Challenges of the Public Assistant for Promotion of Convention Refugee's Social Integration in Japan -Comparison with Public Assistance in Sweden-. The bulletin of Department of Sociology, Toyo University. 2015. 53. 1. 105-116
  • Takahito OGINO. The Characteristics of Community Supporter's Support for Solving the Life Problems of the Indo-Chinese Refugees Living in Japan. Japanese Journal of Social Welfare. 2014. 55. 1. 100-112
  • Takahito OGINO. The Challenges of the Public Assistance for Promotion of Convention Refugee's Settlement in Japan : Comparison with the Public Assistance in the United States. Journal of Human Life Design. 2014. 9. 47-56
more...
MISC (1):
  • 新型コロナウイルスが在日外国人の生活にもたらした影響とその対応. Studies on social welfare, Toyo university. 2020. 13. 12-19
Books (5):
  • 社会を変えるソーシャルワーク : 制度の枠組みを越え社会正義を実現するために
    ミネルヴァ書房 2020 ISBN:9784623087532
  • 世界の社会福祉年鑑2016
    旬報社 2016 ISBN:4845114828
  • 社会福祉学の学位に挑む
    筒井書房 2014 ISBN:4864790434
  • 「ベトナム難民」の「定住化」プロセス 「ベトナム難民」と「重要な他者」とのかかわりに焦点化して
    明石書店 2013 ISBN:4750337447
  • よくわかる社会福祉現場実習
    明石書店 2005
Lectures and oral presentations  (3):
  • 「ベトナム難民」の「定住化」プロセス-「ベトナム難民」と「重要な他者」とのかかわりに焦点化して-
    (日本社会福祉学会第60回秋季大会 2012)
  • 多文化共生社会実現に向けた「かかわり」促進の支援-滞日ベトナム難民の定住プロセスからの検討-
    (第5回東洋大学社会福祉学会大会 2009)
  • 我が国における難民受入と公的支援の変遷
    (日本社会福祉学会第53回全国大会 2005)
Education (3):
  • - 2012 東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了
  • - 2003 東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了
  • - 1997 Komazawa University Department of Sociology
Professional career (1):
  • 博士(社会福祉学) (東洋大学)
Work history (2):
  • 2013/04 - 2015/03 Toyo University Faculty of Human Life Design
  • 2005/04 - 2013/03 Aichi Mizuho College Department of Human Sciences
Committee career (2):
  • 2008/09 - The Study on Indo-Chinese Refugee in Japan調査員(国連難民高等弁務官事務所駐日事務所)
  • 2006/09 - 災害時の在宅サービス事業者による要援護者への避難支援・安否確認の行動ガイドと支援策についての調査研究事業委員(コミュニティケア研究所)
Association Membership(s) (2):
THE JAPANESE ASSOCIATION OF RESEARCH ON CARE AND WELFARE ,  JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WELFARE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page