Rchr
J-GLOBAL ID:201301079336048059   Update date: Sep. 06, 2021

Honda Masataka

ホンダ マサタカ | Honda Masataka
Affiliation and department:
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (18): 家族社会学 ,  歴史社会学 ,  社会学史 ,  質的研究 ,  セクシュアリティ ,  ジェンダー ,  ライフコース ,  近代日本 ,  戦後 ,  現代社会 ,  近代家族 ,  家 ,  民主主義 ,  家族主義 ,  親密性 ,  生活保障 ,  子育て ,  団地
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2021 - 2025 戦後日本の夫婦関係と民主主義の歴史社会学:1945〜60年代の家族・性愛言説から
  • 2018 - 2021 家族機能の外部化と社会的連帯に関する研究:1960~70年代の団地の保育施設から
  • 2017 - 2018 家族情緒の歴史社会学
  • 2016 - 2018 家制度の情緒的関係に関する歴史社会学研究:1880~1950年代の家族論を中心に
  • 2014 - 2016 近代日本における家族と情緒性の歴史社会学
Show all
Papers (15):
  • Masataka Honda. The Postwar Japanese Family System and "Solidarity in Raising Children”: A Focus on the Management of "Democracy" in Danchi Kindergartens. Sociologos. 2020. 44. 38-56
  • Masataka Honda. Is It Possible to THeorize the Ideology of 'Japanese' Monogamy?: Through the Research Review on the 'Modern family' and Family Register(Koseki). Annals of Family Studies. 2020. 45. 111-126
  • Masataka Honda. Problematic of Articles on the Danchi Family: A Tentative Study of the Formation of Private Spheres and Publicness in Postwar Japan. Meisei University Research Bulletin of Sociology. 2019. 39. 1-20
  • 本多 真隆. 多義化する「家族制度」:1920年代における家族概念と情緒の配置. 比較家族史研究. 2018. 32. 119-151
  • Masataka Honda. Emotional Aspects of the Ie in Modern Japan: Developing the Image of the Traditional Family between the 1890s and the 1910s. JAPANESE SOCIOLOGICAL REVIEW. 2017. 68. 3. 424-441
more...
MISC (10):
  • 本多 真隆. コロナ禍のフィールドワーク. JIN-SHA YELL. 2021. 27
  • 本多 真隆. 書評 下夷美幸『日本の家族と戸籍:なぜ「夫婦と未婚の子」単位なのか』. 図書新聞. 2020. 3450
  • 本多 真隆. 「他者」ではない他者. 現代思想. 2020. 48. 7. 270
  • 本多 真隆. 書評 土屋敦・野々村淑子編著『孤児と救済のエポック:一六〜二〇世紀にみる子ども・家族規範の多層性』. 比較家族史研究. 2020. 34
  • 本多 真隆. 書評に応えて. ソシオロジ. 2019. 64. 2. 90-94
more...
Books (4):
  • 最小の結婚 : 結婚をめぐる法と道徳
    白澤社,現代書館 (発売) 2019 ISBN:4768479782
  • よくわかる家族社会学
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623085514
  • 家族情緒の歴史社会学:「家」と「近代家族」のはざまを読む
    晃洋書房 2018 ISBN:4771030103
  • an introduction to sociology of family
    2017 ISBN:4787717049
Lectures and oral presentations  (23):
  • 性愛と民主主義:1945~60年代前半における夫婦関係の表象
    (日本家族社会学会第31回大会 2021)
  • 戦後初期における一夫一妻制の性愛と倫理:1945~50年代前半の「性解放」への着目から
    (2021年度家族問題研究学会大会 自由報告部会 2021)
  • 単著・博論・投稿論文
    (早稲田社会学会・三田社会学会合同研究例会 若手研究者交流会 2020)
  • Homage and Morality in Kizaemon Aruga's Thought: Through the Transformation of the "Ie" and Social Relations Before and After World War II
    (2020)
  • 戦後日本家族と「子育ての連帯」:団地幼児教室における「民主主義」の軌跡と現在
    (第29回日本家族社会学会大会 2019)
more...
Education (3):
  • 2012 - 2016 Keio University
  • 2010 - 2012 Keio University
  • 2006 - 2010 Waseda University
Professional career (1):
  • 博士(社会学) (慶應義塾大学)
Work history (17):
  • 2021/04 - 現在 Meisei University School of Humanities Department of Sociology
  • 2021/04 - 現在 Keio University Faculty of Law
  • 2019/04 - 2021/03 Keio University Faculty of Letters
  • 2018/04 - 2021/03 Meisei University School of Humanities, Department of Sociology
  • 2020/04 - 2020/09 Otsuma Women's University
Show all
Committee career (6):
  • 2020/07 - 現在 早稲田社会学会 理事
  • 2019/05 - 現在 福祉社会学会 編集委員会委員
  • 2016/07 - 現在 家族問題研究学会 庶務委員
  • 2015/10 - 2017/07 関東社会学会 編集委員会幹事
  • 2016/11 - 2017/06 比較家族史学会 運営委員
Show all
Awards (2):
  • 2021/09 - 日本家族社会学会 日本家族社会学会賞(第2回奨励著書賞)
  • 2019/09 - 日本家族社会学会 日本家族社会学会賞(第8回奨励論文賞)
Association Membership(s) (9):
早稲田社会学会 ,  国際社会学会 ,  THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  社会学研究会 ,  THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  JAPAN SOCIETY OF FAMILY SOCIOLOGY ,  JAPANESE COUNCIL ON FAMILY RELATIONS ,  THE SOCIETY FOR COMPARATIVE FAMILY HISTORY ,  JAPAN WELFARE SOCIOLOGY ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page