Rchr
J-GLOBAL ID:201301082089870795   Update date: Aug. 31, 2021

Uehara Hiyori

ウエハラ ヒヨリ | Uehara Hiyori
Affiliation and department:
Job title: 助教
Homepage URL  (1): http://soken.nifs.ac.jp/faculty/h_uehara/
Research field  (1): Optical engineering and photonics
Research keywords  (13): solid-state lasers ,  fiber lasers ,  mid-infrared laser ,  visible laser ,  laser processing ,  optical sensing ,  optical materials ,  nonlinear optics ,  Raman scattering spectroscopy ,  ultrafast spectroscopy ,  plasmonics ,  nanotechnology ,  optical microcavity
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2020 - 2023 半導体レーザー励起ジスプロシウム中赤外レーザーの開発
  • 2021 - 2022 呼気成分リアルタイムモニタリングのための中赤外プラズモン光ファイバーセンサーの開発
  • 2021 - 2022 原子層堆積法を用いた赤外光ファイバーセンサーへのナノ耐水膜形成
  • 2021 - 2021 生体計測用・中赤外ランダムレーザーの開発
  • 2018 - 2021 OH赤外吸収波長帯レーザを用いたガラスおよび樹脂材料加工に関する研究
Show all
Papers (41):
  • Weichao Yao, Enhao Li, Hiyori Uehara, Ryo Yasuhara. Efficient diode-pumped Er:YAP master-oscillator power-amplifier system for laser power improvement at 2920 nm. Optics Express. 2021. 29. 16. 24606-24613
  • Hengjun Chen, Weichao Yao, Hiyori Uehara, Ryo Yasuhara. Actively Q-switched Tb:LiYF4 green lasers. Applied Physics Express. 2021. 14. 062002
  • Kenji Goya, Akira Mori, Shigeki Tokita, Ryo Yasuhara, Tetsuo Kishi, Yoshiaki Nishijima, Setsuhisa Tanabe, Hiyori Uehara. Broadband mid-infrared amplified spontaneous emission from Er/Dy co-doped fluoride fiber with a simple diode-pumped configuration. Scientific Reports. 2021. 11. 5432
  • Yuki Tamaru, Hengjun Chen, Atsushi Fuchimukai, Hiyori Uehara, Taisuke Miura, Ryo Yasuhara. Wavelength dependence of the Verdet constant in synthetic quartz glass for deep-ultraviolet light sources. Optical Materials Express. 2021. 11. 3. 814-820
  • Koichi Hamamoto, Megumi Nishio, Shigeki Tokita, Hiyori Uehara, Takagimi Yanagitani, Kana Fujioka, Ryo Yasuhara, Junji Kawanaka. Properties of TAG ceramics at room and cryogenic temperatures and performance estimations as a Faraday isolator. Optical Materials Express. 2021. 11. 2. 434-441
more...
MISC (8):
  • 上原日和, 合谷賢治. 環境モニタリングや医療など幅広い応用が期待される赤外光源・ファイバセンサ. 光アライアンス. 2021. 2021年. 9月号
  • 時田茂樹, 上原日和, 安原亮, 合谷賢治, 古瀬裕章, 村上政直, プーシキン・アンドレイ, ポチョムキン・ヒョードル. 中赤外Er:ZBLANファイバーレーザー励起Fe:ZnSeレーザー. レーザー研究. 2021. 49. 7. 402-407
  • 安原亮, 河瀬広樹, Yao Weichao, 上原日和. 半導体レーザー励起2.9 μm帯Er3+添加YAPレーザーの開発. レーザー研究. 2021. 49. 7. 396-401
  • 上原日和. 高精度な環境モニタリングを可能にする革新的赤外光源の開発. NIFSニュース. 2021. 259. 6-7
  • 安原亮, 上原日和. 研究室紹介:自然科学研究機構 核融合科学研究所 レーザーグループ. フォトニクスニュース. 2021. 7. 1. 45-46
more...
Patents (7):
  • 光ファイバーおよびファイバーセンサ
  • レーザ発振器
  • 光ファイバおよびASE光源
  • 可飽和吸収体およびレーザ発振器
  • 光ファイバーの融着方法及び光ファイバー
more...
Lectures and oral presentations  (62):
  • LD励起Er/Dy 共添加フッ化物ファイバーを用いた中赤外ASE光源と光ファイバーセンシングへの応用
    (レーザー学会・次世代ファイバーレーザー技術専門委員会 2021)
  • 広帯域な中赤外ファイバーASE光源の開発
    (第68回応用物理学会春季学術講演会 2021)
  • Active-Q-switched Tb:LiYF4 green lasers at 544 nm
    (第68回応用物理学会春季学術講演会 2021)
  • LD励起・広帯域中赤外ファイバー光源の開発
    (レーザー学会学術講演会第41回年次大会 2021)
  • 受賞記念:3μm帯および4μm帯の高出力固体・ファイバーレーザーの開発
    (レーザー学会学術講演会第41回年次大会 2021)
more...
Education (2):
  • 2009 - 2012 Tokyo Institute of Technology
  • 2007 - 2009 Tokyo Institute of Technology
Professional career (1):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
Work history (3):
  • 2019/03 - 現在 National Institute for Fusion Science High Temperature Plasma Physics Research Division Assistant professor
  • 2016/04 - 2019/03 Osaka University ILE PostDoc
  • 2012/04 - 2016/03 Hokkaido University PostDoc
Committee career (2):
  • 2021/09 - 現在 OPIC (ALPS) 運営委員
  • 2020/04 - 現在 応用物理学会フォトニクス分科会 幹事
Awards (6):
  • 2021/03 - 応用物理学会 Poster Award 広帯域な中赤外ファイバーASE光源の開発
  • 2020/05 - レーザー学会 業績賞(進歩賞) 2.8μm 中赤外高出力ファイバーレーザーの開発とその応用
  • 2020/05 - レーザー学会 優秀論文発表賞 Dy:CaF2透明セラミックスの中赤外発光特性評価
  • 2018/12 - レーザー学会 ファイバーレーザー技術研究会 優秀ポスター発表賞 高安定な30 W級・連続波2.8 μm帯Er:ZBLANファイバーレーザーの開発
  • 2018/05 - レーザー学会 優秀論文発表賞 高効率・高出力な2.8 μm帯Er:Lu2O3セラミックレーザー
Show all
Association Membership(s) (6):
THE LASER SOCIETY OF JAPAN ,  Optical Society of America ,  THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPANESE PHOTOCEHMISTRY ASSOCIATION ,  THE JAPAN SOCIETY OF APPLIED PHYSICS ,  SPIE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page