Proj
J-GLOBAL ID:201304007420001319  Research Project code:11107 Update date:Oct. 07, 2013

細胞走化性の再構築

Study period:2012 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
本研究では、細胞走化性の分子機序のうちで最難関かつ最後の課題として認識されている極性化プロセスの分子機序を解明します。その際に新たな摂動ツールの開発も行います。これらの知見・技術に基づき、細胞走化性をコンピューター上、および試験管内で再構築し、更なる細胞走化性の理解を深めることが本研究の目的です。将来は、血管新生、胚発生、創傷治癒、免疫防御、がん転移など、細胞走化性が関与するさまざまな生命現象の理解と医療への応用につなげていきます。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page