Proj
J-GLOBAL ID:201304016284606510  Research Project code:11163 Update date:Oct. 07, 2013

恒常性維持・変容を支える細胞内分解系オートファジーの生理的意義

Study period:2012 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
生体は合成と分解を繰り返し、盛んに代謝回転しています。その動的な営みにおいて、分解産物を材料に元と同じものを作れば恒常性が維持され、違うものを作れば変容が生まれます。すなわち、分解系は恒常性の維持・変容の駆動力であると捉えることができます。本研究では、細胞内の主要な分解系であるオートファジーに焦点を当てます。オートファジーの生理的役割を理解することで、恒常性維持・変容機構の解明を目指します。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page