Proj
J-GLOBAL ID:201304020715101800  Research Project code:11114 Update date:Oct. 07, 2013

進化的・構成的アプローチによる哺乳類型大脳皮質層構造の再設計

Study period:2012 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
複雑な形態を持つ我々哺乳類の大脳皮質は、よりシンプルな爬虫類型の皮質から進化したと推測されていますが、どのような胚発生システムの変更が進化の過程で行われたのかについては、謎に包まれたままです。本研究では、実際に爬虫類皮質の構成要素を人為的に改変し、試験管内、あるいは発生する胚の中で、爬虫類皮質を哺乳類型皮質に転換することを試みます。この操作を通して、2億年前に遡る哺乳類皮質の起源と進化の過程を明らかにすることを目指します。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page