Proj
J-GLOBAL ID:201304029342579884  Research Project code:11128 Update date:Oct. 07, 2013

界面電子軌道混成を利用した新物質創生と超省電力磁化反転技術の開発

Study period:2012 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
本研究では、クラーク数第四位である鉄を用い、その超薄膜化と界面効果に着目することでバルクの鉄には本来存在しない機能性を引き出し、新しい界面磁性材料の創製に挑戦します。特に今回注目する機能性は電荷/スピンシグナル変換です。電荷/スピンシグナル変換の高効率化が進めば、磁性体の不揮発性を利用した安価な低消費エネルギーデバイス構築の可能性が生まれます。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page