Proj
J-GLOBAL ID:201304031485865688  Research Project code:11172 Update date:Oct. 07, 2013

超分子構造体の光誘起形態変化と光駆動物質輸送

Study period:2012 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
超分子構造体は有機分子が水中で特有の配列状態になったものです。光反応性有機色素を用いて超分子構造体を作ると、分子の形状が光反応前後で大きく変化して、構造体の形態や運動性も光可逆的に変化させることが可能になる場合があります。本研究では、この性質を利用して、水中での光駆動物質輸送を目指します。例えばベシクル形成による物質取り込みと輸送や、ブラウン運動モーターによる物質輸送を目標としています。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page