Rchr
J-GLOBAL ID:201401000383702613   Update date: Apr. 05, 2024

Kobayashi Taizo

コバヤシ タイゾウ | Kobayashi Taizo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.ritsumei.ac.jp/~tkt07004/Koba_Lab+R3.html
Research field  (6): Earth resource engineering, energy science ,  Composite materials and interfaces ,  Electric/electronic material engineering ,  Thin-film surfaces and interfaces ,  Nano/micro-systems ,  Nanomaterials
Research keywords  (6): Photovoltaic materials,Biosensor ,  Transparent conducting oxide (TCO) ,  Ternary-compound semiconductor materials and device ,  Super hydrophobic/hydrophilic materials ,  Thin solid films ,  Thin solid films, Super hydrophobic/hydrophilic materials, Ternary-compound semiconductor materials and device, Transparent conducting oxide (TCO), Photovoltaic materials,Biosensor
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2024 - 2027 力学的エネルギーによるセレン光電変換デバイスの光発電性能増強メカニズム
  • 2022 - 2024 ピラミッド光電変換層が拓くギガ秒イメージング
  • 2018 - 2021 Miniaturization of c-Se heterojunction for highly sensitive light photodiode
  • 2017 - 2020 Biohybrid system composed of function devices for cell metabolism analysis
  • 2016 - 2018 光触媒の表面構造制御とキャリア制御による高性能濡れ性スイッチングの開発
Show all
Papers (61):
  • 赤阪美保, 野口雅彦,小林大造. 銀ナノワイヤ/グラフェン透明電極の作製とフレキシブル光発電デバイスへの応用. 電気学会論文誌E. 2024. 144. 7. 掲載予定
  • 田中悠太,嶋倉啓太,伊藤生龍,小林大造. 溶液法およびスパッタ法により形成したTiO2/BaTiO3積層膜の圧電光触媒効果. 電気学会論文誌E. 2024. 144. 7. 掲載予定
  • 伊藤生龍, 嶋倉啓太, 田中悠太, 山根大輔, 小林大造. BaTiO3/TiO2構造を用いた振動による光触媒反応の促進. 電気学会論文誌E. 2023. 143. 8. 231-235
  • T. Kawagishi, Y. Adachi and T. Kobayashi. Photovoltaic performances of TiO2/Se heterojunction devices with different crystallographic structures of sputter-deposited TiO2 thin films. Materials Chemistry and Physics. 2023. 297. 1. 127371
  • Y. Adachi and T. Kobayashi. Formation of micro-patterned Ga2O3/Se heterojunction and its application to highly sensitive avalanche photodiode. Physica Status Solidi A: Applications and Materials Science. 2022. 2200636
more...
MISC (4):
  • 小林 大造, 小西 聡. 反応性スパッタ法によるTiO2薄膜を用いたバイオケミカルデバイス用機能表面の開発. 「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム論文集 電気学会センサ・マイクロマシン部門 [編]. 2016. 33. 1-4
  • 前田 紘伸, 小林 大造, 小西 聡. マイクロ流体操作のためのスパッタ酸化チタンを用いた光応答型濡れ性制御. 「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム論文集 電気学会センサ・マイクロマシン部門 [編]. 2015. 32. 1-4
  • Kobayashi Taizo, Konishi Satoshi. 22am2-G4 Surface morphology control of superhydrophobic/superhydrophilic patterns for micro-TAS applications. 2014. 2014. 6. "22am2-G4-1"-"22am2-G4-2"
  • 小林 大造, 小西 聡. 2A1-47-059 フィルム型形状記憶合金アクチュエータ. ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集. 2000. 2000. 68-68
Patents (24):
  • 光センサ
  • ひずみゲージ、及び、ひずみの測定方法
  • 流体デバイスの製造方法および流体デバイス
  • CIS系薄膜太陽電池、及びその製造方法
  • 分析試料保持装置、試料分析装置、及び分析試料保持装置の製造方法
more...
Books (2):
  • 「ヘルスケアを支えるバイオ計測」, 第4章技術開発 2. 血液一滴で高度な診断が可能となるデスクトップ型血液分析装置, pp. 62-71
    シーエムシー出版 2016 ISBN:9784781311524
  • 「食のバイオ計測の最前線 -機能解析と安全・安心の計測を目指して-」, [計測開発編] 第1章 大学・研究期間の研究動向 4. バイオセンサーデバイスにおけるサンプル前処理技術
    シーエムシー出版 2011
Lectures and oral presentations  (104):
  • 溶液法およびスパッタ法により形成したTiO2/BaTiO3積層膜の圧電光触媒効果
    (第40回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2023)
  • Ga2O3/Seアバランシェフォトダイオードの時間応答性に関する研究
    (第40回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2023)
  • 銀ナノワイヤ/グラフェンを積層した透明電極の作製とフレキシブル光発電デバイスへの応用
    (第40回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2023)
  • セレンを用いた軽くて柔らかい光電変換デバイス
    (オプトロニクスWEBセミナー「次世代光技術のためのフレキシブルウェアラブルデバイス」 2023)
  • 光電池を用いた酸化チタン光触媒反応による 水素生成の高効率化
    (日本機械学会年次大会 2023)
more...
Works (8):
  • 大学見本市2023イノベーション・ジャパン出展「ひずみ計測の新技術!光起電力が応答するフィルム型センサ」
    小林大造 2023 - 2023
  • 「曲げると発電量が変化する軽く柔らかい光発電デバイス」, 月刊誌「子供の科学」2022年8月号巻頭の研究トピックスを紹介する”コカトピ!”に掲載
    2022 - 2022
  • 大学見本市2021イノベーション・ジャパン出展 「軽く、柔らかく視覚に近い波長特性を持つ光センサ」
    小林大造 2021 - 2021
  • Impacts of Heat-Light-Soaking on Transparent Conducting ZnO:B Thin Films Grown by MOCVD
    2013 -
  • 熱・光照射(Heat-Light Soaking)処理によるカドミウムフリーCIGS薄膜太陽電池の高効率化
    2013 -
more...
Education (2):
  • - 2001 Ritsumeikan University Division of Science and Engineering Information Science and Systems Engineering Major
  • - 1999 Ritsumeikan University Science and Engineering Mechanical Engineering Course
Professional career (2):
  • Ph. D. (Ritsumeikan University)
  • Master (Ritsumeikan University)
Work history (14):
  • 2022/04 - 現在 Ritsumeikan University Professor
  • 2017/04 - 2022/03 立命館大学 理工学部 機械工学科 准教授
  • 2017/04 - Ritsumeikan University Department of Mechanical Engineering, College of Science and Engineering
  • 2016/10 - 2017/03 Ritsumeikan University Ritsumeikan Global Innovation Research Organization Associate Professor
  • 2014/04 - 2016/09 Ritsumeikan University Ritsumeikan Global Innovation Research Organization Assistant Professor
Show all
Committee career (9):
  • 2024/02 - 2024/12 国際会議MNC2024 組織委員、実行委員
  • 2023/02 - 2024/01 第40回 センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 分野1 副査,論文委員
  • 2022/02 - 2023/01 第39回 センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 論文委員会委員
  • 2022/02 - 2022/12 国際会議APCOT'22 論文委員会委員
  • 2021/02 - 2022/01 第39回 センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 論文委員会委員
Show all
Awards (6):
  • 2024/03 - Wiley Wiley社より2022年1月~2022年12月のTop Downloaded Articleに選出 Formation of Micro-Patterned Ga2O3/Se Heterojunction and its Application to HighlySensitive Avalanche Photodiode(PHYSICA STATUS SOLIDI (A) - APPLICATIONS AND MATERIALS SCIENCE)
  • 2023/11 - 電気学会 第40回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム・奨励賞 銀ナノワイヤ/グラフェンを積層した透明電極の作製とフレキシブル光発電デバイスへの応用
  • 2020/10 - 電気学会 速報特別賞(第37回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム) TiO2 薄膜の分極制御による光応答型濡れ性変化の促進
  • 2015/10 - 電気学会 第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 優秀ポスター賞
  • 2015/10 - 電気学会 優秀ポスター賞(第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム) マイクロ流体操作のためのスパッタ酸化チタンを用いた光応答型濡れ性制御
Show all
Association Membership(s) (4):
The Institute of Electrical and Electronics Engineers ,  The Japan Society of Applied Physics ,  The Japan Society of Mechanical Engineers ,  The Institute of Electrical Engineers of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page