Rchr
J-GLOBAL ID:201401000383702613   Update date: Jun. 29, 2021

Taizo Kobayashi

小林 大造 | Taizo Kobayashi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.ritsumei.ac.jp/~tkt07004/Koba_Lab+R3.html
Research field  (5): Composite materials and interfaces ,  Electric/electronic material engineering ,  Thin-film surfaces and interfaces ,  Nano/micro-systems ,  Nanomaterials
Research keywords  (1): Thin solid films, Super hydrophobic/hydrophilic materials, Ternary-compound semiconductor materials and device, Transparent conducting oxide (TCO), Photovoltaic materials,Biosensor
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2018 - 2021 結晶セレンヘテロ接合構造の微細加工によるマイクロ光センサの高感度化
  • 2017 - 2020 細胞代謝解析のための機能デバイスを組込んだバイオハイブリッドシステムの構築
  • 2016 - 2018 Study on photoresponsive wettability switching by combination of topological surface structure and photo-generated carrier control
  • 2013 - 2013 パルス制御多元蒸着法による高品質Cu(In,Ga)Se2薄膜の低温成長研究
  • 2009 - 2011 Research on micromachine technology for transplantation surgery based on tissue engineering
Papers (39):
more...
Patents (19):
  • CIS系薄膜太陽電池、及びその製造方法
  • 分析試料保持装置、試料分析装置、及び分析試料保持装置の製造方法
  • 導電性パターンの形成方法および基板装置
  • 撥水層を有するツール及びそのツールの製造方法
  • 液滴保持ツール及びその製造方法
more...
Books (2):
  • 「ヘルスケアを支えるバイオ計測」, 第4章技術開発 2. 血液一滴で高度な診断が可能となるデスクトップ型血液分析装置, pp. 62-71
    シーエムシー出版 2016 ISBN:9784781311524
  • 「食のバイオ計測の最前線 -機能解析と安全・安心の計測を目指して-」, [計測開発編] 第1章 大学・研究期間の研究動向 4. バイオセンサーデバイスにおけるサンプル前処理技術
    シーエムシー出版 2011
Lectures and oral presentations  (79):
  • TiO2 薄膜の分極制御による光応答型濡れ性変化の促進
    (第37回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2020)
  • Se/Ga2O3 Thin Film Micro-photodiodes for Flexible Color Sensor
    (Virtual IEEE-NEMS2020 2020)
  • 多孔質TiO2光電極を用いた水分解リアクターの高効率化
    (電気学会全国大会 2020)
  • Se/TiO2光電池を用いた電圧印加による光触媒表面の光誘起親水化反応の促進
    (第36回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2019)
  • 結晶Se薄膜マイクロフォトダイオードを用いたフィルム型フレキシブル光センサの作製とその応用
    (第36回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2019)
more...
Works (2):
  • 熱・光照射(Heat-Light Soaking)処理によるカドミウムフリーCIGS薄膜太陽電池の高効率化
    2013 -
  • CIGS太陽電池の変換効率 光・加熱で2倍
    2012 -
Education (2):
  • - 2001 Ritsumeikan University Information Science and Systems Engineering Major
  • - 1999 Ritsumeikan University Mechanical Engineering Course
Professional career (2):
  • Master (Ritsumeikan University)
  • Dr. Eng. (Ritsumeikan University)
Work history (11):
  • 2017/04/01 - Ritsumeikan University Department of Mechanical Engineering, College of Science and Engineering
  • 2016/10/01 - 2017/03/31 Ritsumeikan University Ritsumeikan-Global Innovation Research Organization
  • 2014/04/01 - 2016/09/30 Ritsumeikan University Ritsumeikan-Global Innovation Research Organization
  • 2013/04/01 - 2014/03/31 Tokyo University of Science・Assistant Professor
  • 2012/04/01 - 2013/03/31 Aoyama Gakuin University ・Research Associate
Show all
Committee career (3):
  • 2020/02 - 2021/01 第37回 センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 論文委員会委員
  • 2019/02 - 2020/01 第36回 センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 論文委員会委員
  • 国際会議MNC2015 論文委員
Awards (3):
  • 2020/10 - 電気学会 速報特別賞(第37回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム) TiO2 薄膜の分極制御による光応答型濡れ性変化の促進
  • 2015/10 - 電気学会 第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 優秀ポスター賞
  • 2010/03 - 奨励テーマ賞、バイオ計測・試薬分野における若手科学者・技術者のシーズ・構想発表会
Association Membership(s) (4):
The Institute of Electrical and Electronics Engineers ,  The Japan Society of Applied Physics ,  The Japan Society of Mechanical Engineers ,  The Institute of Electrical Engineers of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page