Rchr
J-GLOBAL ID:201401003168239774   Update date: Feb. 14, 2024

YAMAMOTO Yoshihito

ヤマモト ヨシヒト | YAMAMOTO Yoshihito
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (4): Social systems engineering ,  Disaster prevention engineering ,  Safety engineering ,  Structural and seismic engineering
Research keywords  (8): Applied Mechanics ,  Computational Engineering ,  Composite Structure ,  Concrete Structure ,  Structural Engineering ,  Nondestructive Inspection ,  Impact Engineering ,  Fracture Mechanics
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2023 - 2027 災害捜索やインフラ点検を刷新する人手不要な3DイメージングAI地中レーダの創出
  • 2022 - 2026 道路、鉄道軌道、空港滑走路を対象とした自走式点検装置の開発
  • 2022 - 2025 各種解体工法の性能評価および最適化のためのRC構造物の動的破壊解析手法の高度化
  • 2020 - 2023 V&Vに基づくコンクリート構造物の新しい評価体系の構築とその社会実装に向けた検討
  • 2020 - 2023 深層学習と電磁波レーダによるインフラ内部構造3次元可視化と造影補修剤の開発
Show all
Papers (133):
  • 見目 俊輔, 山本 佳士. FDTD法およびアンサンブルカルマンフィルタを用いたコンクリート内部の比誘電率分布推定. 計算工学講演会論文集. 2023. 28
  • 光永宏希, 山本佳士. FDTD法およびデータ同化を用いた地中レーダのアンテナモデルの逆推定. 計算工学講演会論文集. 2023. 28
  • 山本佳士. 幾何学的非線形性を考慮したRBSMを用いたRCはりの破壊シミュレーションにおける妥当性確認. 計算工学講演会論文集. 2023. 28
  • 菊池綾嶺, 山本佳士. 幾何学的非線形性を考慮したRBSMによる動的応答シミュレーション. 計算工学講演会論文集. 2023. 28
  • Taito Miura, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto. Expansive spalling mechanism of concrete due to high temperature based on developed hygro-thermal-mechanical model by 3D-RBSM-TNM. Engineering Fracture Mechanics. 2023. 284
more...
MISC (79):
more...
Books (1):
  • 構造工学シリーズ29 衝撃作用に対する構造性能照査法の基礎と応用
    土木学会 2023 ISBN:9784810610604
Lectures and oral presentations  (50):
  • 大回転・接触挙動を考慮したRBSMによる動的倒壊シミュレーション
    (剛体バネモデル(RBSM)の進化とコンクリートの解析技術 2023)
  • 衝撃問題を対象とした数値解析の検証と妥当性確認
    (「衝撃作用に対する構造性能照査法の基礎と応用」に関する講習会 2023)
  • シミュレーションと深層学習の連携によるコンクリート構造物の内部ひび割れ探査
    (土木学会応用力学委員会,北海道地区応用力学フォーラム ~様々な視点から考える維持管理の高度化と将来展望~ 2022)
  • Crack propagation and air leakage simulation of concrete using RBSM
    (3rd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE 2020) 2020)
  • Failure simulation of reinforced concrete including damage localization and rebar buckling by extended RBSM
    (3rd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE 2020) 2020)
more...
Education (2):
  • 2002 - 2004 Nagoya University Graduate School of Engineering Department of Civil and Environmental Engineering
  • 1998 - 2002 Nagoya University Faculty of Engineering Department of Civil and Environmental Engineering
Professional career (1):
  • Doctor of Engineering (Nagoya University)
Work history (7):
  • 2021/10 - 現在 Hosei University Faculty of Engineering and Design, Department of Civil and Environmental Engineering Professor
  • 2020/04 - 2021/09 Hosei University Faculty of Engineering and Design, Department of Civil and Environmental Engineering Associate Professor
  • 2017/04/01 - 2020/03/31 Nagoya University Graduate School of Engineering Civil and Environmental Engineering Associate professor
  • 2014/04/01 - 2017/03/31 Nagoya University Graduate School of Engineering Department of Civil Engineering Associate professor
  • 2014/04 - 2017/03 Nagoya University Graduate School of Engineering, Department of Civil and Environmental Engineering Associate professor
Show all
Committee career (25):
  • 2023/06 - 現在 土木学会, 応用力学委員会 幹事
  • 2023/04 - 現在 土木学会, 構造工学委員会, 衝撃問題連絡小委員会 委員
  • 2022/10 - 現在 土木学会, 構造工学委員会, AI・データサイエンス実践研究小委員会 委員
  • 2021/09 - 現在 土木学会, 応用力学委員会, 計算力学×α小委員会 委員
  • 2019/12 - 現在 土木学会, 応用力学委員会, 応用力学論文集編集小委員会,第3編集部会(材料・複雑現象の力学) 編集委員
Show all
Awards (10):
  • 2021/11 - 土木学会 AI・データサイエンス奨励賞
  • 2020/06 - 日本コンクリート工学会 日本コンクリート工学会賞 論文賞
  • 2019/09 - 日本コンクリート工学会 Three outstanding papers of the year 2019, Journal of advanced concrete technology
  • 2019/07 - 日本コンクリート工学会 コンクリート工学講演会年次論文奨励賞
  • 2019/06 - 日本コンクリート工学会 日本コンクリート工学会賞 論文賞
Show all
Association Membership(s) (4):
人工知能学会 ,  The Japan Society for Computational Engineering and Science ,  日本コンクリート工学会 ,  土木学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page