Rchr
J-GLOBAL ID:201401010899621348   Update date: Apr. 27, 2021

Sato Takanori

サトウ タカノリ | Sato Takanori
Affiliation and department:
Research field  (3): Sociology ,  Sociology of education ,  Special needs education
Research keywords  (6): 社会学 ,  フィールドワーク ,  障害学 ,  特別支援教育 ,  教育社会学 ,  視覚障害
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2021 - 2024 公立学校における支援ネットワークの形成方略とインクルージョン実践の多次元性
  • 2018 - 2021 世界の「見え」の共有技法の研究:視覚障害者と晴眼者の相互行為分析
  • 2017 - 2020 公教育におけるインクルージョン実践の多層性-障害児の学級参画を起点として
  • 2015 - 2018 A Sociological Study on the Treatment of Children in the "Gray Area" Through Comparison between Japan and the UK
Papers (13):
  • 久保田裕斗, 佐藤貴宣. 障害児の意志をめぐる就学運動言説の再検討. 龍谷教職ジャーナル. 2021. 8. 91-107
  • 佐藤貴宣. 小学校における指導実践と相互行為フレームからの排除過程-全盲児をめぐるトラブルに見るカテゴリー執行活動を中心に. 龍谷教職ジャーナル. 2020. 7. 17-33
  • 佐藤 貴宣. インクルージョン実践における[排除]の可能性-全盲児の学級参加をめぐる教師の経験とその論理. 教育学研究. 2019. 86. 2. 287-299
  • 佐藤 貴宣. インクルーシヴ教育体制に関する社会学的探究-全盲児の学級参画とメンバーシップの配分実践. フォーラム現代社会学. 2018. 17. 188-201
  • 原田琢也, 中村好孝, 髙橋眞琴, 佐藤貴宣, 堀家由妃代. インクルーシブ教育の到達点-関西圏の実践から. 金城学院大学論集 社会科学編. 2018. 14. 2. 48-72
more...
MISC (10):
  • The Production of Reality in a Blind School and Uniformity of Career Distribution : Imputing/Ascribing Predicates in Teachers' Reality-Work. 2013. 93. 27-46
  • MATSUBARA Takashi, SATO Takanori. Reconstruction of Disability Simulation Exercises : Collaborative Experience of Disability. 2011. 11. 85-98
  • An analysis of the determinants of educational practice in the school for the blind : with a focus on teacher's narratives of the career education. 2011. 32. 39-55
  • A school teacher's story about career experience: career education and its difficulty in the school for the blind. Annual report of Kansai Kyoiku Gakkai. 2010. 34. 156-160
  • The transformation of the organizational field in the education for the blind and special support education. Annals of human sciences. 2009. 30. 1-17
more...
Books (2):
  • Sociology: The Key Concepts
    2021
  • an educational anthology of "Disability & Society"
    2014 ISBN:9784768435311
Lectures and oral presentations  (26):
  • シティズンシップ教育としてのインクルーシブ教育
    (シティズンシップ教育研究大会2020 2020)
  • 学級活動に埋め込まれたディスアビリティと子どもの「成長」-小学校における連絡帳の相互行為分析
    (第71回日本教育社会学会大会 2019)
  • 授業場面における合理的配慮の複層性-個別支援と一斉指導を架橋する実践を中心に
    (第70回日本教育社会学会大会 2018)
  • 「触る」ことの認知的動機と社会的動機:視覚障害者の歩行訓練場面における事例から
    (日本認知科学会第35回大会 2018)
  • 生活指導と支援ネットワークの自己産出-「お礼」と「謝罪」をめぐる社会化実践から
    (第90回日本社会学会大会 2017)
more...
Education (1):
  • 2004 - 2012 Osaka University
Professional career (1):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
Work history (7):
  • 2013/10 - 現在 Kyoto Bunkyo University
  • 2013/04 - 現在 Ryukoku University
  • 2011/10 - 現在 Kwansei Gakuin University
  • 2017/04 - 2020/03 Japan Society for the Promotion of Science
  • 2014/04 - 2017/03 Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences
Show all
Awards (1):
  • 2015/11 - 関西教育学会 第5回教育実践研究賞 「特別支援学校におけるリハビリテーション専門職の配置と教師役割-二重の専門性による教職把握に向けて」
Association Membership(s) (7):
日本特殊教育学会 ,  日本解放社会学会 ,  障害学会 ,  関西教育学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本社会学会 ,  関西社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page