Rchr
J-GLOBAL ID:201401011850153043   Update date: Aug. 22, 2021

Morimoto Yosuke

モリモトヨウスケ | Morimoto Yosuke
Affiliation and department:
Research field  (3): Literature - European ,  History of thought ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (5): フランス文学 ,  Pierre Legendre ,  French Philosophy ,  Aesthetics ,  History of Ideas
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2017 - 2018 フランスとイスラム、フランスのイスラム:グローバリゼーションと主体性
Papers (10):
  • 森元 庸介. いくつかの(書かれた)会話について (特集 ピエール・パシェ). 文芸研究 : 明治大学文学部紀要. 2018. 135. 251-264
  • 森元庸介. 演出、あるいは人間的生存の基底 ピエール・ルジャンドルのダンス論から. スポートロジイ. 2017. 4. 164-2018
  • 森元庸介. 限定された知 マルブランシュにおける注意. フランス哲学・思想研究. 2014. 19. 27-37
  • Yosuke Morimoto. La Légalité de l'art : la question du théâtre au miroir de la casuistique. L'Université de Paris Ouest-Nanterre La Défense. 2011
  • 森元 庸介. 17世紀演劇論争を再考するために : 決疑論をプリズムとして. フランス語フランス文学研究. 2011. 99. 131-147
more...
MISC (18):
  • 森元庸介. 予見と行動、あるいはイメージの内乱. コメット通信(2021年8月臨時増刊号). 2021. 30-32
  • 森元庸介. ある造語から. コメット通信. 2021. 11. 10-11
  • Yosuke Morimoto. Jean-Claude Lebensztejn au Japon. Perspective. 2020. 2020. 1. 89-90
  • 森元庸介. 薄暗がりのうちで:翻訳について. 翻訳と通訳の過去・現在・未来:多言語と多文化を結んで. 2020. 25-35
  • 森元 庸介. How Was the Son Saved? : A Review of Cinema and Christ by Atsushi Okada. 表象. 2018. 12. 286-289
more...
Books (19):
  • 小泉義之、立木康介編『狂い咲く、フーコー』
    読書人 2021
  • 大森晋輔編『ピエール・クロソウスキーの現在 神学・共同体・イメージ』
    水声社 2020
  • La Légalité de l'art. La question du théâtre au miroir de la casuistique
    Cerf 2020
  • 東京大学教養学部編『知のフィールドガイド 異なる声に耳を澄ませる』
    白水社 2020
  • 上智大学中世思想研究所編『中世思想原典集成 I』
    平凡社 2018
more...
Lectures and oral presentations  (24):
  • 聞こえないはずの声が聞こえるとき
    (第38大学土曜自由大学(清泉女子大学人文科学研究所/品川区、オンライン) 2021)
  • 予見と行動、あるいはイメージの内乱
    (シンポジウム「歓待・倒錯・共犯性 ピエール・クロソウスキーの思想をめぐって」 2021)
  • 「狂い咲く、フーコー」コメント
    (シンポジウム「狂い咲く、フーコー」(京都大学人文科学研究所) 2021)
  • 「停思快(delectatio morosa)」について:夢想と創造をめぐって近代文学がキリスト教道徳神学から学びえたこと
    (教父学研究会 2020)
  • 偶像、この絶望的なもの:ウニカ・チュルン、カトリーヌ・ビネ
    (連続講演会「文学としての人文知」第4回「イメージの歴史」(東京大学/早稲田大学、オンライン) 2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(哲学) (パリ西大学)
Work history (2):
  • 2018/04 - 現在 The Open University of Japan
  • 2015/04 - 現在 The University of Tokyo Interdisciplinary Cultural Studies, Graduate School of Arts and Sciences
Association Membership(s) (2):
THE ASSOCIATION FOR STUDIES OF CULTURE AND REPRESENTATION ,  LA SOCIETE JAPONAISE DE LANGUE ET LITTERATURE FRANCAISES / THE JAPANESE SOCIETY OF FRENCH LANGUAGE & LITERATURE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page