Rchr
J-GLOBAL ID:201401013234704454   Update date: Dec. 31, 2019

Kenji Kojima

Kenji Kojima
Affiliation and department:
Papers (25):
more...
MISC (61):
  • 鈴木愛美, 滝田禎亮, 滝田禎亮, 中谷滉太, 李瞳陽, 片野裕太, 兒島憲二, 兒島憲二, 坂直樹, 三上文三, 三上文三, 八波利恵, 中村聡, 保川清, 保川清. 全アミノ酸スキャニング変異導入法により得られた耐熱型GH10およびGH11キシラナーゼの性状解析. 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集. 2019. 507th. 6
  • 石塚啓子, 角江亮太, 馬場美聡, 西村耕作, 西村耕作, 畠恵司, 高橋砂織, 作田庄平, 兒島憲二, 滝田禎亮, 保川清. ジュンサイ抽出液からのヒト免疫不全ウイルス1型逆転写酵素阻害物質の精製. 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集. 2018. 506th. 9
  • 兒島憲二, 滝田禎亮, 保川清. 続・生物工学基礎講座 バイオよもやま話 酵素反応の最適化. 生物工学会誌. 2018. 96. 11. 650-653
  • 月足元希, 馬場美聡, 姫田康平, 兒島憲二, 滝田禎亮, 保川清. リボヌクレアーゼH2のノックアウトはNIH3T3細胞株のゲノムDNA中のリボヌクレオチドを増加させる. 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集. 2018. 47th. 101
  • 中谷滉太, 片野裕太, 兒島憲二, 滝田禎亮, 八波利恵, 中村聡, 保川清. 全アミノ酸スキャニング変異導入法によるBacillus sp.41M-1株由来キシラナーゼの耐熱化. 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集. 2018. 505th. 75
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page